#author("2017-06-23T21:48:18+00:00","","")
#author("2017-06-23T21:48:50+00:00","","")
[[スカウト >Skill/Scout]]([[スキル>Skill/Scout/Explanation]])/[[ アサシン >Skill/Assassin]](''スキル'')/[[ コマンド >Skill/Commando]]([[スキル>Skill/Commando/Explanation]])/[[ イレイザー >Skill/Eraser]]([[スキル>Skill/Eraser/Explanation]])/[[ スカウト系総合ページ >Skill/Scoutseries]]
*アサシン・スキル考察 [#t6ef0e33]
#contents

** スキル早見表 [#xb215efa]
#include(../Table,notitle)

** スキル詳細 [#r97b20b4]

***フードファイター [#q92d28db]
食べ物の効果を上昇させる。
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:1
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~上昇率|15%|20%|25%|30%|35%|
--ポーション系の飲み物に対しては効果がない。サプリ系には効果あり。
--HP回復向上と併用すると意外と馬鹿に出来ない。
--レベル上昇とともに、食べ物系アイテムを使用する際の待機時間を短縮する。


***瞑想 [#n7b72b53]
SPを消費してHP回復。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:1
-装備条件:無し
-憑依時使用:○
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|11|24|38|53|69|
|~回復量(ランク1)|25|50|75|100|125|
|~回復量(ランク2)|30|60|90|120|150|
|~回復量(ランク3)|35|70|105|140|175|
|~回復量(ランク4)|40|80|120|160|200|

--回復量の判定は
・HPRを覚えているか・HPRのレベルがある値を超えているか・HPがある値を超えているか
(判明しているところはHPR5でランクが1上がる、HP2100程で1ランク上がる、ということ)
の3つの条件で変わる。これ以上の回復量がある場合は編集を求める次第。
--詠唱時間はレベルが高くなるにつれ長くなる。逆にディレイは短くなる
--憑依時は、宿主がHP回復率上昇を持ってるかどうかで回復量が変わる。憑依する側が持っていても宿主が持ってないとHP回復率の向上は効果は無い。
--現在は回復アイテムが携帯しやすいため、あまり取得する価値は薄い。

***クローマスタリー [#clawmastery]
クロー装備時に最低攻撃力、命中率を上昇させる
-''&color(blue){Passive};''
-目標:パッシブ
-習得JOBLV:3
-装備条件:爪
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|h
|~ATK|+20|+30|+40|+50|+60|
|~S.HIT|+4|+8|+13|+17|+20|
--クローの攻撃力を担うスキル。
爪を使うなら三段とセットで取得しておきたい。
--スカウトクロー(新)+クローマスタリー5での突き最低攻撃力はラーミアの短剣+ショートソードマスタリー5での斬り最低攻撃力と同値である。最大では武器攻撃力の差が出てしまう。
--ただし、2連続(3連続)攻撃のダメージの合計が相手の残りHPを上回った場合、初撃で倒れるため以降の反撃を受けないという利点がある。


***投擲武器作成 [#rff20337]
-''&color(red){Active};''
-目標:単体
-習得JOBLV:5
-最大LV:5
-装備条件:投擲武器
-消費SP:
-憑依時使用:
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|h
|~使用SP||||||
--投擲物を作成できる。スキルレベルを上げると投擲物の消耗を抑える事ができるが、抑制された消耗量は微々たるものである為、推奨に値するほどではない。

***気合 [#def9188a]
一定確率でステータス効果を良い悪い関係なく気合いで吹き飛ばす。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:5
-最大LV:5
-装備条件:無し
-憑依時使用:○
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|>|>|>|>|6|
|~治療率|30|50|30|50|60?(%)|
|~詠唱時間|>|>|>|>|0s|
|~ディレイ|>|>|>|>|若干有り|
--確認している消えない効果は
・ディレイキャンセルや狂気毒やオーバーワークの高速攻撃状態
・ホーリーフェザーのSP・MP自然回復効果、オラトリオのHP自然回復効果
・状態異常レジスト効果
・アプライポイズン状態、AVOIDOコミュニオン状態、イレイザー(スペシャルアビリティ)状態、エフィカス状態、見切り状態
・エキスパンド状態、ライフテイク状態、スタミナテイク状態、フレイムハート状態、ソウルサクリファイス状態、アドバンスアビリティー状態。
・猛毒状態
--他にも消えない効果があるかもしれないが未検証。
--プラス効果、マイナス効果共に同じ確率で消滅。
--打ち消す判定は先ず消す効果を一つ選択してから消滅判定を行う模様。
そのため、複数の状態が掛かっていると狙った状態が消えにくい。
--確認している消える効果は
・コンセントレート、アヴォイド・バースト、硬化毒(防御率上昇、防御力上昇が別々に消える)、豪腕毒(最小攻撃力上昇、最大攻撃力上昇が別々に消える)などのステータス上昇
・混乱、凍結、石化、沈黙、毒、スタン などの基本状態異常
・ラウズボディ、メンタル などの間接ステータス上昇
・バイタリティダウン などのステータス低下
・ディビリテイト、クラッター などの間接ステータス低下
・ホーリフェザーのHP・SP・MP回復率上昇効果(3つ纏めて消える)
・クリティカル、アサルトのクリティカル率上昇
・スロウマジック等の移動速度低下
等である。追加情報求む。
--狂気毒の毒を消すのに使える。ソロでの狂気毒の毒ダメージを抑えたいならオススメ。
---狂気毒の速度上昇効果はスキル『気合』では消えないので、狂気毒の毒に限り気合で狙って消す事が可能(毒を消すだけなら気合はLV2で十分との声が多いですが、毒以外の邪魔なステータス効果や状態異常も早く消す必要がある為、気合LV5まで取った方が安定します)。
---気合を使っても必ず1回で毒が消える訳ではない。気合LV5で狂気毒LV3の毒を消せる確率は50%。なので、2回使って消える確率は75%、3回なら87.5%、4回なら93.75%。毒化したらとにかく2~3回気合を使っておけば良さそうだ。
---気合はかかっているステータス効果をランダムに一つ選んで消してしまうので、気合と併用するやり方だと気合で消えるステータス効果を付与するスキルや、ネコマタとの併用が難しい。敵に状態異常スキル等をかけられた時にも気合で毒を消すのに邪魔になる。
---上記の理由により、PT時に気合を使うのも難しい。かけられた支援スキルを気合で消してしまったり、支援スキルがかかっている為に毒を消すのが難しくなる。
---気合を使って毒を消せれば強力な狂気毒LV3をソロでも常用できるが、面倒な部分が多いので多少面倒でも火力が欲しい人向け。そして気合を使うやり方はPTでは難しいので、ほぼソロ用。

***三段突き [#r5aa6c11]
通常攻撃時、一定確率で爪を用いた三段目の攻撃を行う。LVが上がると発生率が上昇する
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:8
-装備条件:爪
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|h
|~発生率|30%|35%|40%|45%|50%|55%|60%|65%|70%|75%|
--クローの攻撃回数(攻撃速度)を担うスキル。使うならマスタリー共々習得しておきたい。
--習得するなら最低でもLV5は欲しいところ。習得しないならクロー自体見送った方がよい。
--6/2以降、発動率が大幅に上昇。
--あくまでも通常攻撃時のみ。連続突き等、一部のスキルは通常攻撃のモーションを数回取るが、三段目は発動しない。

***投擲射程上昇 [#scfc1973]
投擲装備を使って攻撃するとき、射程が伸びる。
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:10
-装備条件:投擲武器
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~射程|+1|+2|+3|
--最大射程は6で固定。なので、射程距離が7以上になった場合は6になる。
--投擲武器には射程3~6の武器が存在する。
---そのため射程6の武器(99・110投擲がこれに該当する)を使う場合、このスキルを取る意味はない

***ポイズンニードル [#e98335fb]
毒針を飛ばす。専用のアイテム『毒針』を消費する。
-''&color(red){Active};''
-目標:敵単体
-習得JOBLV:10
-装備条件:無し
-憑依時使用:○
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|4|5|6|7|8|
|~攻撃力|>|>|>|>|100%|
|~キャスト|>|>|>|>|1s|
|~ディレイ|>|>|>|>|0.5s|
|~射程|>|>|>|>|4|
|~毒成功率|>|>|>|>|低<<<<<高|
--命中率は現在の値を参照。遠距離のように見えるが近距離武器で使用する場合はS.HITを参照する。
--毒化させた時のダメージ量は、2秒毎に最大HPの約5%減。毒状態時は物理攻撃力、魔法攻撃力共に半減。
--毒効果の有効・無効なMOBを知りたい場合はこちら→&quot;[[毒効果の有効・無効なモンスター一覧>Skill/Assassin#p126bb44]]&quot;
--毒化時間(毒のダメージ回数)はMOBによって違う。
---LV99アサシンで色々なMOBにポイズンニードルを試してみたところ、ウィリー・ドゥだと15秒(毒ダメージ7回、最大HPの35%減)、フォトン、バンディット、フランカーパイレーツだと11秒(毒ダメージ5回、最大HPの25%減)、ロウブナイトだと7秒(毒ダメージ3回、最大HPの15%減)毒化状態が続いた。
---MOBの毒化時間が何によって決まっているかは不明(高LVのMOBになるほど毒化時間が短くなる?)。
---毒成功率上昇無しでやってみたり、INTとDEXを極振りしたりして試してみたが、毒化時間に変化は無し。
---アプライポイズンの毒もこれと全く同じ。
--毒状態にかかる確率はかなり高め。
--毒成功率上昇は乗らないらしい。
--射程が4とやや短く、敵を釣るのに使うのは向いていない。
--スキルLvが上がれば毒にかかる確率が上昇する。ベアに対しLv1で40%程度、Lv5で90%程度。
--攻撃力は持っている武器の型から計算する模様。例えば、斬り型でATK100-100でダメージは100。クリティカルも発生する。
--詠唱はA.SPDで短くならない。また、モーションディレイもディレイキャンセル状態で短くならない。
:2012/8/23アップデート|
--キャストタイムを短縮いたします。
--ディレイタイムを短縮いたします。

***硬化毒 [#h12163f5]
防御力が上昇する毒薬を飲む。一定確率で毒状態になる。アサシンの服薬を1個消費する
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:13
-装備条件:無し
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|4|5|6|7|8|
|~除算DEF&br;([[基準ステータス>Status#StandardStatus]]依存)|+4%|+7%|+10%|+13%|+16%|
|~減算DEF|+10|+12|+14|+16|+18|
|~キャスト|>|>|>|>|1s|
|~ディレイ|>|>|>|>|0.5s|
|~効果時間|>|>|>|>|150s|
|~毒化率|0%?||||50%?|
--毒化時間は7秒程度。毒化した時のダメージ量は、2秒毎に最大HPの約5%減*3回(合計、最大HPの15%減)。
--硬化毒の防御率上昇効果と防御力上昇効果は気合を使うと消えてしまう為、気合で毒効果のみを消す事は難しい。
--リスクの割に上昇量が微妙であり、いまいち体感できない。オススメもできない。
--他の服毒スキル(豪腕毒、狂気毒)と合わせて使えば、毒化した際に他の服毒スキルをリスク無しで使う事ができる(毒化時間が延長される事もない)。
--減算DEFは固定値上昇。
--除算DEF上昇率は基準除算DEFに依存([[''基準ステータスとは''>Status#StandardStatus]])。
--イレイザースキル:ポイズンマスターLv5習得時は除算DEF+21%、減算DEF+18%、効果時600秒、ほぼ毒化無しとなる。
:2012/8/23アップデート|
--効果時間を延長いたします。


***投擲命中率上昇 [#ed20644d]
投擲武器装備時に命中率を上昇させる。
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:15
-装備条件:投擲武器
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|h
|~L.HIT|+4|+8|+12|+17|+20|

***毒耐性上昇 [#lb8c4240]
毒にかかりにくくなる。
-''&color(blue){Passive};''
-目標:自分
-習得JOBLV:15
-装備条件:無し
|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|CENTER;|c
|~LV|1|2|3|4|5|h
|~毒耐性率||||||
--使い魔のマジックポイズンにかかりにくくなるが、タランチュラ等の毒には効果がないとの報告あり。
--何かしらの回復手段を持ち歩けば不要ではある。
--狂気毒の毒化率が少し下がる?(要検証)
---以下、毒耐性上昇の有無やLVやDEXによる狂気毒の毒化率の変化の表。
---毒耐性LV5で毒化率が10%程度下がる?
---毒耐性上昇Lv5所持で豪腕毒Lv5の毒化率が(DEX60 INT16)で耐性上昇未所持の場合66/100→22/100まで減少

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~狂気毒|~毒耐性上昇|>|~DEX20、INT12(補正込み)|>|~DEX60、INT12(補正込み)|h
|~|~|~毒化数(1・2・3回目)/使用数|~平均毒化率|~毒化数(1・2・3回目)/使用数|~平均毒化率|h
|~狂気毒LV2|~無し|33・33・23/100|29.6%|26・29・30/100|28.3%|
|~|~LV1|30・19・25/100|24.6%|34・28・30/100|30.6%|
|~|~LV2|22・21・30/100|24.3%|17・19・17/100|17.6%|
|~|~LV3|18・16・14/100|16.0%|14・21・18/100|17.6%|
|~|~LV4|18・12・10/100|13.3%|18・13・17/100|16.0%|
|~|~LV5|10・17・19/100|15.3%|16・15・16/100|15.6%|
|~狂気毒LV3|~無し|65・49・62/100|58.6%|47・55・43/100|48.3%|
|~|~LV1|56・50・53/100|53.0%|39・44・41/100|41.3%|
|~|~LV2|47・47・37/100|43.6%|41・34・42/100|39.0%|
|~|~LV3|35・41・40/100|38.6%|35・40・39/100|38.0%|
|~|~LV4|47・44・41/100|44.0%|34・38・39/100|37.0%|
|~|~LV5|47・48・41/100|45.3%|41・36・43/100|40.0%|

***幻視空蝉 [#e3bd4b31]
効果時間中、ダメージを受けると指定座標へ瞬間移動し、ダメージを無効化する。攻撃者がモンスターの場合、一定時間硬直を与える事ができる。
-''&color(red){Active};''
-目標:地面単体
-習得JOBLV:18
-装備条件:無し
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用MP|20|24|28|32|36|
|~射程|3|4|5|6|7|
|~効果時間|>|>|>|>|5s|
|~固有ディレイ|>|>|>|>|9s|
--キャスト、ディレイ共に無し。
--効果時間は5秒間。「幻視空蝉状態」になる。
--空蝉状態の使用者に攻撃したモンスターに与える硬直の時間はどのLVでも2秒。
--空蝉状態中に一切の行動(座るや移動、攻撃等)を行った場合、空蝉状態は解除される。
--空蝉状態が解除されるまでは再使用不可。
--ダメージ無効化発動時から9秒間は再使用不可。
--ダメージのない攻撃(例:ワー・クライ)も含め、ほぼ全ての攻撃を無効化する。(例外あり)
--憑依時及び、宿主時は使用不可。マリオネット憑依中は可。
--ダメージ無効化によってターゲットは切れない。例えば、魔法詠唱中に他の攻撃で発動した場合、移動後にしっかり魔法をもらう。
--基本的には使う場合レベル1でも十分。画面が切り替わるのが鬱陶しいので今いる足元指定で使うのが吉か。
---ダメージ判定が数回あり広範囲であるアースクライやラーヴァフロウ等の魔法を避ける場合は、できるだけ射程の長い空蝉を使った方が避けやすい。
---射程の長い空蝉だと選択できる指定座標も多く、カーソルがどこにあっても素早く指定座標を選択する事ができ、結果的に素早く空蝉を使う事ができる。
--クローキングとの連携で逃げに使うなら5の方がいい(ただ、ある程度高レベル且つ演習に出ないのであれば使う機会は殆どないかもしれない…)
--8/30現在、固有ディレイに関して以下のようなバグが報告されている
---%%応援要請と固有ディレイを共有してしまっている。(応援要請を使用した場合、60秒間は幻視空蝉も使用できなくなる)%% 8/31のメンテで修正
---空蝉状態を手動解除した場合(空蝉状態中に何らかの行動を行う)も9秒の固有ディレイが発生してしまう。
--対人においてイヴァペレイトは無効化出来ず、成功の場合はその場で即死する(検証済み)
--ライドパートナーに乗っている状態で発動しても、魔法攻撃を無効化できずダメージを受ける。指定座標への移動はするが、MOBに硬直は与えない。''&color(red){New};''
--同じ条件で物理スキルを受けた場合は無効化し、指定座標へ移動するがやはり硬直を与えない。通常攻撃で発動すれば硬直も与える。''&color(red){New};''

***クローキング [#cloaking]
一定時間、姿を隠しながら移動できる。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:20
-装備条件:無し
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~使用SP|15|30|50|
|~キャスト|3s|2.5s|1s|
--使用すると透明状態で移動できる。透明状態では1s毎にSPを1消費する。
SP切れか、なんらかの行動(攻撃や座るなど)を行うと透明状態は解除される。
移動、憑依準備状態、寝る等のモーションでは解除されない。
--範囲攻撃・地面設置系の攻撃でダメージを受ける。この場合も透明状態は解除されてしまう。
--街・SP回復マリオネット憑依中はSPが回復するため、無制限に効果が持続する。
--自分を中心とした7*7マス内に、自分をターゲットしている敵がいる場合は詠唱不可。
騎士団演習や闘技場では敵がいるだけで詠唱不可。
詠唱できればスキルは発動する。ただし完全に消えるまでに攻撃を受けると解除されるのはハイディングと同様。
---敵から逃げる為に使うときは周りに人がいないことを要確認。(→誤:MPK)
---移動速+1以上のモンスターとは距離を離す事が出来ない(使うために必要セル数があかない)為、使用するにはバックアタック等で動きを止める必要がある。
幻視空蝉と連携させるとうまく逃げられるかもしれない。
緊急時にすぐ使用できないため、ハイディング等も別途習得しておくと良い。
--リザポ、アイテム石、スクロール等を使用しても、発動するまで透明状態は解除されない。
--一部のMAP間移動では透明状態が解除されない。(アップタウン→飛空庭など)
アップタウン→稼動橋では解除されるため、サーバー依存だと思われる。
--ハイディング状態では周囲のMOBが7*7に存在する限り、例えターゲッティングされていなくてもクローキングを使用することが出来ない。その場合、「ハイド状態から座る→座った瞬間クローキング」という方法でクローキングが使える。
--また、ソリッドオーラ状態にある場合は回避せず、攻撃を受けると確実に0ダメージを受けるためクローキングが強制解除されるので注意。
--狩場への安全な移動など便利なスキルである。
しかし演習に出ない、且つある程度の高レベルになるとあまり使わなくなるスキルではある。

***バックアタック [#pd6040ea]
攻撃を敵の真後ろから行うとダメージUP。
-''&color(red){Active};''
-目標:敵単体
-習得JOBLV:20
-装備条件:無し
-憑依時使用:
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|8|10|12|14|16|
|~背後時攻撃力|210%|250%|300%|350%|400%|
|~背後以外時攻撃力|>|>|>|>|110%|
|~ディレイ(s)|2|3|4|5|6|
|~付与硬直率(%)|>|>|>|>|約95|
--背後から命中した際に攻撃力が増加するスキル。
LV・方向に関係なく相手に3秒の硬直効果を持つ。
ただし高LVでは固有ディレイが長いため、他のプレイヤーの追撃を期待しない場合は意味が薄くなる。
--mobに使用する場合、ノンアクティブ敵への攻撃、クローキング等で使用しないと背面攻撃としては厳しい。
サーバーと位置情報がズレている場合もあるため非常に不安定。
PTの場合はメンバーをターゲットしている敵を狙えば背面にはなるが…。
--硬直効果ではサマソ、威力では連続突きに劣る。
PTメンバーに硬直の連携を狙うしかない。
--硬直効果重視ならLV1、無詠唱の一撃必殺を狙うなら5。ただし5は失敗時のリスクが大きい。
--検証結果、硬直付与率はLvに依存しないと思われる。(検証回数200回、硬直回数191回,PC相手に検証)
--演習において憑依者に貫通した場合、宿主は硬直しない。
--体術同様、投擲・銃装備でL.HIT依存になる。
:2012/8/23アップデート|
--背後から攻撃した際の威力を上方修正いたします。
--ディレイタイムを短縮いたします。

***豪腕毒 [#n6eadf1d]
攻撃力が上昇する毒薬を飲む。一定確率で毒状態になる。アサシンの服薬を1個消費する 
-''&color(red){Active};''
-目標:自分
-習得JOBLV:23
-最大LV:5
-装備条件:無し
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用MP|>|>|>|>|3|
|~使用SP|4|5|6|7|8|
|~ATK上昇率&br;([[基準ステータス>Status#StandardStatus]]依存)|+7%|+9%|+11%|+13%|+15%|
|~効果時間|270s|240s|210s|180s|150s|
|~毒化率|0%?||||50%?|
--上昇率は基準ATKに依存([[''基準ステータスとは''>Status#StandardStatus]])。
--毒化時間は7秒程度。毒化した時のダメージ量は、2秒毎に最大HPの約5%減*3回(合計、最大HPの15%減)。
--豪腕毒の最小攻撃力上昇効果と最大攻撃力上昇効果は気合を使うと消えてしまう為、気合で毒効果のみを消す事は難しい。
--STRが高くないと効果は期待できません。
--他の服毒スキル(硬化毒、狂気毒)と合わせて使えば、毒化した際に他の服毒スキルをリスク無しで使う事ができる(毒化時間が延長される事もない)。
--イレイザースキル:ポイズンマスターLv5習得時はATK+25%、効果時間600秒、ほぼ毒化無しとなる。
:2012/8/23アップデート|
--効果時間を延長いたします。

//スカアサスレ17の115と227に参考ステあります。


***アプライポイズン [#caa6cf9a]
持っている武器に毒を塗る。物理攻撃時、対象を毒判定を発生させる。毒薬を1個消費する。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:25
-装備条件:接近武器
-憑依時使用:○
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~使用MP|3|4|5|
|~使用SP|2|3|4|
|~効果時間|50s|100s|150s|
|~詠唱時間|0s|0.5s|2s|
|~ディレイ|0s|0.5s|0.5s|
--毒化させた時のダメージ量は、2秒毎に最大HPの約5%減。毒状態時は物理攻撃力、魔法攻撃力共に半減。
--毒効果の有効・無効なMOBを知りたい場合はこちら→&quot;[[毒効果の有効・無効なモンスター一覧>Skill/Assassin#p126bb44]]&quot;
--毒化時間(毒のダメージ回数)はMOBによって違う。
---LV99アサシンで色々なMOBにポイズンニードルを試してみたところ、ウィリー・ドゥだと15秒(毒ダメージ7回、最大HPの35%減)、フォトン、バンディット、フランカーパイレーツだと11秒(毒ダメージ5回、最大HPの25%減)、ロウブナイトだと7秒(毒ダメージ3回、最大HPの15%減)毒化状態が続いた。
---MOBの毒化時間が何によって決まっているかは不明(高LVのMOBになるほど毒化時間が短くなる?)。
---毒成功率上昇無しでやってみたり、INTとDEXを極振りしたりして試してみたが、毒化時間に変化は無し。
---ポイズンニードルの毒もこれと全く同じ。
--毒による敵の攻撃力、魔法攻撃力の軽減の手段としても使える。
--演習で使えば1:1ならかなり有利に持ち込める。又、混戦の中の主戦力範囲SUなどを叩いていると大きく違う。(狙われますが…
--効果時間中は物理攻撃をしてさえいればAGI型でなくてもほぼずっと毒を与え続けられる感じ。(毒成功率上昇LV5込み)
--毒成功率上昇がないとあまり信頼できない。有ればかなり信頼できる。
--装備条件:接近武器なので、もちろん銃ではスキルを発動できない。
//--2007年7月20日メンテにて成功率が減少した。
//--2008/9/28 効果時間が上昇しているのを確認。
:2012/8/23アップデート|
--効果時間を延長いたします。(反映済み)


***アサルト [#wfbc2cd1]
守りを考えずに襲いかかる。効果時間中のクリティカル率上昇、防御率低下。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:30
-装備条件:無し
-憑依時使用:○
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|12|14|16|18|20|
|~効果時間(s)|30|45|60|75|90|
|~キャスト|>|>|>|>|若干あり|
|~クリティカル率|>|>|>|>|+30%|
|~減少防御率&br;([[基準ステータス>Status#StandardStatus]]依存)|>|>|>|>|30%|
--自分の防御力を下げる代わりに、クリティカル率が大きく上昇するスキル。
---一次スキルのクリティカルとの併用は不可。
--クリティカル発生率分だけクリティカルダメージが増加するため、
アサルトによりクリティカル発生確率だけでなく、威力も30%増しとなる。
---クリティカル精錬武器(7回以上を目安)や、イリスカードのアビリティを組み合わせればさらなる火力上昇が期待できる。
--防御の減少は除算DEF(左側に表示されているDEF値)のみである。[[基準ステータス>Status#StandardStatus]]依存。
---除算DEF(左DEF)はVITに依存しているため、VIT初期値の場合などDEFが極端に低い場合は結果的に防御力が減少しなくなり、副作用が関係なくなる。
:2012/8/23アップデート|
--効果時間を延長いたします。(反映済み)

***スキャターポイズン [#l155411d]
自分のまわりに毒をまく。専用のアイテム『毒薬』を消費する。
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動、自分中心に5*5マス
-習得JOBLV:30
-装備条件:無し
-憑依時使用:× 
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~使用SP|4|6|8|10|12|
|~基本ダメージ|MHP2%|MHP4%|MHP6%|MHP8%|MHP10%|
|~攻撃回数|50|30|25|22|20|
|~効果時間|30s|25s|20s|15s|10s|
|~キャスト|2|2.5|3|3.5|4|
|~ディレイ|3|2.5|2|1.5|1|
--自分を中心に5*5の25セル内に毒をまく。効果時間中に対象が効果範囲に入るとダメージが発生する。
 ※□←自キャラ ■←毒範囲
 ■■■■■
 ■■■■■
 ■■□■■
 ■■■■■
 ■■■■■
--ダメージは物理攻撃扱いのため対象の防御力に応じて減少するが、必中攻撃である(MISS、Guard、Avoidが発生しないが、クリティカルも出ない)。
--キャストはAGIに依存する。
--装備している武器の属性が乗る。
--エフィカスが乗る。
--攻撃回数は対象の人数によって分散する。Lv5を2人に使えば10回ずつダメージを与えて毒は消える。
---HPを1000とすると
Lv1:20*50回=1000
Lv2:40*30回=1200
Lv3:60*25回=1500
Lv4:80*22回=1760
Lv5:100*20回=2000
のダメージが発生することになる。
--ダメージを与えるのみで、毒状態を与えることは出来ない。
--実装当初は他の設置型スキルに重ねて設置することはできなかったが、2007/01/12のアップデートで緩和された。
---設置型スキル間に優先順位があり、スキャターポイズンの上に他の設置型スキルを置けるケースもある。
クレイモアトラップ設置→スキャターポイズン設置×
スキャターポイズン設置→クレイモアトラップ設置○
スキャターポイズン設置→ラーヴァフロウ設置× etc…
--騎士団演習で活躍しようと思うのならば必須とも言えるスキル。設置場所は見た目では分からない上にダメージ発生の間隔が早いため、効果範囲に入ってしまうとスキル発動等が非常に困難となる。
--特にSUに対しては高い確率で詠唱を中断させることができる。
--アサシンはHP係数が低めなので、このスキルだけで敵を倒そうとすると結構大変である。ソロで使う場合、VIT型であれば攻防一体となるエレキテル憑依を推奨。火力としてはあまり信頼できないが。
--設置型のスキルとしては詠唱速度が速い部類に入るので、エミルドラゴンなど凶悪な設置スキルを使う敵との戦闘の際にはなかなか重宝する。触媒が必要なのがネックといえばネックだが…。

***暗殺者の魂 [#l5b3b7c9]
憑依時、宿主の戦闘能力を上昇させる。上昇量は自身の能力に依存する
-''&color(blue){Passive};''
-習得Job Lv:30
-装備条件:無し、憑依時自動発動
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~憑依部位|~武器|~盾|~アクセ|~鎧|h
|LEFT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|~[[ATK>Status#ATK]]|14.0%|7.0%|8.0%|5.0%|
|~[[M.ATK>Status#MATK]]|14.0%|7.0%|8.0%|5.0%|
|~[[S.HIT>Status#SHIT]]|14.0%|6.0%|9.0%|5.0%|
|~[[L.HIT>Status#LHIT]]|14.0%|6.0%|9.0%|5.0%|
|~[[DEF(左)>Status#DEF]]|4.5%|14.0%|8.0%|7.5%|
|~[[M.DEF(左)>Status#MDEF]]|3.5%|14.0%|9.0%|7.5%|
|~[[S.AVOID>Status#SAVOID]]|6.5%|5.0%|14.0%|8.5%|
|~[[L.AVOID>Status#LAVOID]]|6.0%|14.0%|7.5%|6.5%|
|~[[最大HP>Status#HP]]|5.0%|7.5%|7.5%|14.0%|
|~[[最大MP>Status#MP]]|5.0%|7.5%|7.5%|14.0%|
|~[[最大SP>Status#SP]]|5.0%|7.5%|7.5%|14.0%|
|~[[HP回復率>Status#HPRecoveryRatio]]|5.0%|7.5%|7.5%|14.0%|
|~[[MP回復率>Status#MPRecoveryRatio]]|5.0%|7.5%|14.0%|7.5%|
--上限はLv1
--憑依者のパッシブスキルの影響を除いたステータスの値に対して、上記の割合で宿主の能力が向上する。自身の能力が向上するわけではない。
--ATK・M.ATKは最小・最大とも上昇し、その上昇量は平均値に依存する。
--憑依落ち装備の場合や、憑依者がログアウトしている場合でも効果は現れる。
--憑依箇所によってスキル効果が変わる。
--複数人の魂効果が重複する。
--武器以外の箇所に憑依する時は、攻撃力の高い投擲を持つと最大ATKが増えるので尚良し。

***クリティカルダメージ上昇 [#ff67d66b]
クリティカル発生時、ダメージを上昇させる
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:33
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~ダメージ上昇率|+12%|+14%|+16%|+18%|+20%|
--クリティカル発生時のダメージを増加させるスキル。
効果が割合のため、増分ダメージはに比例する。
--スキルを使用したときの威力上昇は乗算
(ブロウLV5+クリダメUP5でクリティカル発生→260%×120%=312%の減算防御無視攻撃)
--武器やタイプに限らず、習得さえしていれば効果が発生するのでLv5推奨。
ポイントが足りない人はLv1のみ取得もあり。
--アサルトやクリティカルのページ書くとまとめて見難いため、ここに検証したクリ確率を表に示す。
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~クリティカル発生確率(%)対バウ|何もなし|アサルトLV5使用|クリティカルLV5使用|
|~未精錬武器|1%|22%|50%|
|~クリ6回精錬武器(クリ+12)|16%|43%|64%|
|~クリ8回精錬武器(クリ+23)|25%|59%|84%|
|~備考|>|>|100回検証、クリティカルスキルのみ50回|
--精錬武器なし、アサルト、クリティカルを使わない状態ならこのスキルを取る意味はほぼ無い。
精錬武器に表示される+の数値は追加されるクリ確率の可能性がある(表より)
精錬武器6回時にクリティカル使用(64%)はクリティカルスキルのみ使用(50%)と精錬武器6回のみ使用(16%)の合計値66%に近い。
他の%もほぼ加算に近い値である事からクリティカル確率は精錬武器のクリ数値+スキルのクリ確率(アサルト22%(25%?)、クリティカル50%)である可能性が高い
仮にクリ精錬10回(+39)でクリティカルスキル(50%)を使用すると89%程のクリ率が予想される
クリティカルが発生しにくい耐性の敵は未考慮です。
%%仮にクリ発生率を50%とするとダメージは120%のため平均110%のダメージになる。(高DEFの敵の場合はさらに上がると思われる。)%%
-敵の右DEFが自分のATKの割合によって期待ダメージの上昇割合がかわる
-右DEFとATKの割合が0~19%の場合、クリティカル確率100%~80%あたりの期待ダメージの上昇割合が多く
-右DEFとATKの割合が20~63%の場合、クリティカル確率79%~20%あたりの期待ダメージの上昇割合が多く
-右DEFとATKの割合が64%~の場合、クリティカル確率19%~1%あたりの期待ダメージの上昇割合が多い


***狂気毒 [#hef6cdc6]
攻撃速度が上昇する毒薬を飲む。一定確率で毒状態になる。アサシンの服薬を1個消費する
-''&color(red){Active};''
-目標:即発動
-習得JOBLV:35
-装備条件:爪
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~使用SP|6|12|18|
|~攻撃速度倍率|125%|150%|200%|
|~効果時間|60s|60s|60s|
|~毒化率|1%?|30%|60%|
|~キャスト(s)|>|>|0|
|~ディレイ(s)|>|>|0|
--ディレイキャンセルのクロー版。ただし、ディレイキャンセルと違って使用するには触媒「アサシンの服薬」が必要。
---触媒が必要なスキルだが、触媒はペイロード/キャパシティ共に負担になりにくく、消費自体もそれほど激しくないため、多めに持ち歩くようにすれば触媒切れに悩まされる事は少ない。
---アサシンの服薬は現時点(2009/12/3)ではダウンタウンの触媒三姉妹か、スカウトギルドのスカウトマスターからしか入手する事ができない。
--パートナーの使うディレイキャンセルとは同時に適用されない。常にパートナーのディレイキャンセルが優先される。
---狂気毒→パートナーDC : DCが掛かると同時に狂気毒効果が消えたというログが出る。
---パートナーDC→狂気毒 : 狂気毒の効果は発生しないが、服薬は消費するし毒にもなる。
//--ショートソードディレイキャンセル等に比べると、Lv1とLv2の速度上昇量が低い。Lv3になると一気に効果が高くなり、ディレイキャンセルとほぼ同じ攻撃速度上昇量になる。
//↓A.SPDが0.67倍≠攻撃速度が0.67倍なのでこの通りにはならない。正確には「スカウト系総合ページ」に書いてあるとおり。
//---クロー装備ではA.SPDが0.67倍に低下するが、狂気毒を使用するとLv1で8/9倍(0.88倍)、Lv2は1.0倍(他の装備と同じA.SPD)、Lv3では10/3倍(1.33倍)になる。
--%%他のディレイキャンセルと違い、スキル効果時にステータスバーにアイコンが表示されず、ログにも狂気毒状態とは表示されない。そのため、スキル効果が切れたかどうかはモーション速度で判断するしかないのが難%%。←2012/8/23アップデートでログに効果の開始と終了が表示される様になった。
--三段突きを習得している場合は非常に強力だが、毒状態になるとダメージが半減してしまうため、火力が上昇しても相殺されてしまう。2012/8/23にて狂気毒効果時間が増加した為、毒化のデメリットは少なくなった。
--毒化時間は7秒程度。毒化した時のダメージ量は、2秒毎に最大HPの約5%減*3回(合計、最大HPの15%減)。
--ポイズンレジストで毒化率を下げる事ができるので、PTメンバーに回復職がいる場合はあらかじめ狂気毒を使うことを申し出ておいたほうがいいだろう。
--狂気毒の速度上昇効果はスキル『気合』では消えないため、狂気毒の毒に限り気合で狙って消す事が可能。詳しくはこちら→&quot;[[気合>Skill/Assassin/Explanation#def9188a]]&quot;。
--狂気毒はスキルに表示がないので、効果時間が同じアサルトLv3を組み合わせて使うと、アサルトの効果切れと同時に狂気毒の効果も切れるためかけ直しやすくなる。
---アサルトの効果でクリティカルが出やすくなるので、狂気毒による攻撃速度上昇に加えてクリティカルダメージ上昇によるダメージの底上げを図りたいところ。
---狂気毒Lv3では毒化率がLv2に比べ非常に高くなるので、自己回復手段がない場合は毒化率が低いLv2を使ったほうが良いこともある。
--ディレイキャンセルと銘打たれてはいないものの、『ウィンドオーラ』(エンチャンタースキル)の効果は適用され、効果時間の延長が可能。
---ただし、スピードエンチャントを貰えるのであれば、そちらが上位互換であるため狂気毒は不要。
--毒耐性上昇、INT、DEXによって毒化率が下がる?。詳しくはこちら→&quot;[[毒耐性上昇>Skill/Assassin/Explanation#lb8c4240]]&quot;。
--他の服毒スキル(硬化毒、豪腕毒)と合わせて使えば、毒化した際に他の服毒スキルをリスク無しで使う事ができる(毒化時間が延長される事もない)。
--総合すると、スキル単独ではリスキーなものの、回復手段があって三段突き・クリティカルダメージ上昇・アサルトと組み合わせることができれば非常に強力なスキルである。
:2012/8/23アップデート|
--イレイザースキル:ポイズンマスターLv5習得時は効果時間240秒、ほぼ毒化無しとなる。
--効果時間を延長いたします。
--効果時間の開始時と終了時にログを表示するように変更いたします。

***毒成功率上昇 [#wb6d197f]
対象を毒状態にしようとする際、成功率が上昇する
-''&color(blue){Passive};''
-習得JOBLV:38
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~毒成功率|毒|成功率|上昇率|不明|要検証|
--現在、このスキルの効果が乗るスキルはアプライポイズンのみ。
--アプライポイズンを使用した際、毒化率は凡そ50%(Lv5習得時)
--その際、スキルポイント的に辛い人はレベル1で十分。
たとえ1でも無いとあるとでは大きく違う。

***幻視形代 [#r242c2bf]
LV1:自身の分身を出現させ、指定座標まで移動させる。分身は指定座標に到達、もしくはダメージを受けると消滅する。アイテム「形代」を1個消費する。騎士団演習時使用不可
LV2:自身の分身を1体出現させ、指定対象に攻撃を行わせる。分身は一定時間の経過、もしくは一定量のダメージを受けると消滅する。アイテム「形代」を1個消費する。騎士団演習時使用不可
LV3:自身の分身を2体出現させ、指定対象に攻撃を行わせる。分身は一定時間の経過、もしくは一定量のダメージを受けると消滅する。アイテム「形代」を2個消費する。騎士団演習時使用不可

-''&color(red){Active};''
-目標:Lv1地面単体地面、Lv2・3敵単体
-習得JOBLV:40
-装備条件:無し
-憑依時使用:×
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~使用MP|5|10|15|
|~射程|>|>|5|
|~消費形代|1個|1個|2個|
|持続時間(s)||120|120|
|~持続時間(s)||120|120|


--使用Lvによって消費だけでなく効果もやや異なる。
--分身の能力は使用者の能力や状態によって変化する。
---使用者にディレイキャンセルなどのスキルが効果中であっても、分身に対しては影響しない。
---分身の最大HPは使用者の最大HPの50%で、出現した時点でのHPは使用者の残りHPの50%である。
---分身の能力は、使用者のステータスを全て-10した程度である(現在検証中)。
---分身はLv1だと考えられ、(相手とのLv差によって)命中や回避といったステータスに関してはまったく期待できない。
---分身はデコイに似た効果を持ち、アクティブのMobを優先的に引き寄せる。近くで戦っている人がいた場合、意図せずMobを引き寄せる事があるので注意が必要。
---出現した分身は消滅するまでは付近の敵に攻撃を続ける。この点についても、近くに人がいる場合は注意。
---また、分身はヘビーバットなどの「詠唱反応型」のMobを引き付ける効果も持つ。
---本体が爪を装備している場合でも、分身の攻撃は1回のみ(3段突き習得状態でも1回)。
---銃を装備している場合、使用者が弾を装備していなくとも弾がある状態で攻撃してくれる。また、弾を装備していた場合でも分身の攻撃によって弾は消費されない。
---A.SPDは使用者と同じなので、短剣などではそこそこのスピードで攻撃してくれる。銃などでは本体よりも速い。
---体感的には、アサルトやクリティカルの効果は適用されている(検証求む)。
--分身がMobを倒しても経験値は取得できず、アイテムドロップも無い。
--騎乗パートナー装備時に使用すると、分身の攻撃力は騎乗パートナーのものではなく使用者の攻撃力を持つ。騎乗時にMobに囲まれて煩わしい場合にはとても有効。
--DEX110やAGI99にしても命中回避は変わったように見えない(前述のようにLv差の影響だろう)。多用するのであれば、攻撃力・攻撃速度・HPを上げるほうが有効かもしれない。
--分身は命中と回避に劣るため、このスキルだけで強い敵を倒すのは難しい。
--アサシンは火力がずば抜けて高いわけではないが、幻視形代やスキャターポイズンなどのスキルを併用することによって、ある程度は補うことができる。もちろん触媒を消費するので、常時使用するのは難しいが…。
--分身の命中率はステータスでは上がらないが、敵の回避率を落とす事で分身の攻撃が当たるようになる。
--スタンブロウなどでスタン状態になった相手に対しては分身の攻撃は全て命中する(石化等は要検証だが、おそらく可能)。
--分身の攻撃力は使用者と変わらないため、全ての攻撃が命中したと仮定すると、Lv3ならDC無し時の3倍、DCあり時の2倍程度のダメージが出るはずである(要検証)。
:2012/8/23アップデート|
--Lv1の目標を敵単体から地面へと変更し、ターゲットを取りやすい分身を召喚いたします。
--Lv1を使用して召喚された分身は指定した場所まで移動するか攻撃を受けると消えるように変更いたします。
--Lv2~3の目標を敵単体から地面へと変更いたします。(
--Lv2~3を使用して召喚された分身の効果時間を延長いたします。
--Lv2~3を使用して召喚された分身は、使用者の基本ステータスから引き継ぐように変更いたします。
--Lv2~3を使用して召喚された分身は、使用者が攻撃している対象を攻撃するように変更いたします。
--Lv2~3を使用して召喚された分身は、使用者が次の対象を攻撃しても前の敵を倒すまで攻撃を続けるように変更いたします。
--Lv2~3を使用して召喚された分身は、使用者が非戦闘中の場合、主人の後をついて移動するように変更いたします。

//この場合ステータスSTR=AGI、武器は短剣推奨。爪は攻撃速度が遅い上に攻撃回数が一回。銃はスタンブロウが使えない、アッパーカットで代用できるが多分距離でダメージが減衰するため。
//雑魚敵殲滅→クリティカルorアサルト→幻視形代LV3
//強敵への火力増加→スタンブロウ→幻視形代LV3か。
//強敵の場合はスタンが効かないと微妙(一応効かない敵でもコマンドのデッドリーアタックあたりで代用可能か)。

//日記じゃないんですからもう少しまとめましょう…。

***コンバインフォース [#ecd32bb5]
パーティを組むと自身の攻撃力にボーナスが付く
-''&color(Blue){Passive};''
-習得JOBLV:40
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~攻撃力ボーナス|1%|3%|6%|
--最小・最大攻撃力にボーナスが付く。
(魔法攻撃力には効果がなく、これがある状態のATK値をコラプス・オブ・ロウで反転しても効果はない)
--増加分はステータスに表示されない
//厳密には、最終的に与えるダメージを%で上昇させている?--パーティを組んでいればPTMがログオフ状態でもログオン状態でもボーナス値は変わらない。
--PTMの数によってもボーナス値は変わらない。
--マスタリー分、AA分も上昇する

***フットワーク [#s9a680c7]
自身の近距離回避と遠距離回避が向上する
-''&color(Blue){Passive};''
-習得JOBLV:41
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|h
|~近距離回避|5%|7%|11%|
|~遠距離回避|6%|8%|10%|
--目安として、おおよそAGIボーナスひとつ分上昇する。
--遠距離回避を上昇させる数少ない手段でもある。1割は結構差があるかもしれない。

***奇襲 [#d7c1491b]
身を隠し渾身の一撃を繰り出す。一定確率でスタン効果。クローキング使用中のみ使用可能
-''&color(red){Active};''
-目標:敵単体
-習得JOBLV:50
-装備条件:無し
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~Lv|1|2|3|4|5|h
|~消費SP|12|16|20|24|28|
|~威力|650%|?%|?%|?%|800%|
|~スタン率|>|>|>|>|低 < < < < 高|
|~キャスト(s)|0.5|1|1.5|2|2.5|
|~ディレイ(s)|3|2.5|2|1.5|1|
|~クリティカル率|+35%|+40%|+45%|+50%|+55%|
--消費対火力では連続突きをも凌ぎ、最高火力ではガンナーのクロスクレストを抜き、期待ダメージではクロスクレストを下回るが、クロスクレストに次ぐ火力を誇るアサシン50スキル。
//--消費対火力では連続突きをも凌ぎ、単発の物理攻撃としては最高水準の火力を誇るアサシン50スキル。期待ダメージは750%*155%*120%*55%+750%*45%=1104.75%のためクロスクレストの超えていない
--実装当初は誰もが失望する性能だったが、2007/02/23の修正で大幅に上方修正されて現在の仕様となった。
--説明にはクローキング使用中のみ使用可能とあるが、実際にはハイディング、インビジブル状態などからでも使用可能である。
---ハイディング状態から奇襲を使う場合、相手が隣接している間にキャストが始まれば奇襲は発動する。キャスト開始前に相手と隣接状態でなくなると奇襲は発動しない。
--命中すると4セルのノックバックが発生する。
--クリティカル値の補正があり、高確率でクリティカルになる。また、クリティカルダメージ上昇の効果が適用されるため、2010/09/24アップデートでクリティカル発生率がそのままクリティカルダメージ増加率となった結果、奇襲も大幅に強化される形となった。
---&color(red){奇襲Lv5でクリティカルが発生した場合};、奇襲の元の倍率の&color(blue){800%};に&color(blue){*55%};(奇襲Lv5のクリティカル率)の補正が加わり、&color(red){1240%};の攻撃となる。
---&color(red){アサルトも使っていた場合};、奇襲の元の倍率の&color(blue){800%};に&color(blue){*85%};(奇襲Lv5のクリティカル率+アサルトのクリティカル率)の補正が加わり、&color(red){1480%};の攻撃となる。
---&color(red){更にクリティカルダメージ上昇Lv5も覚えていた場合};、アサルト使用時の&color(blue){1480%};に、&color(blue){*20%};(クリダメ上昇Lv5の補正)の補正が加わり、最低&color(red){1776%};の攻撃となる。
---クリティカル補正が最大+100%までなので、最大倍率は&color(blue){800%};に&color(blue){*100%};の補正が加わり&color(blue){1600%};、クリダメ上昇の&color(blue){*20%};の補正が乗れば&color(red){1920%};が理論上のダメージ上限である。
--威力は上がったものの、ノックバックがあるためPTでは使いづらい。ソロで使うにもクロキンやアサルトと組み合わせようとするとSP消費が多過ぎるの難点。
--スタン率はINT初期値で約6割(50回中28回成功、対象不明)、スタン時間は10sである。
---DEX20、99投擲装備、対プルル、クリティカル回数25/50回。
--体術スキルと同様に、投擲武器・銃装備の場合はL.HIT依存になる。
--クロキン→奇襲→敵が近付くと同時にハイド→奇襲といったような使い方もできる。
---敵がスタン状態になった場合や魔法詠唱で動かない場合は、クロキンで敵に近付いて奇襲、または敵に近付いてハイドの後に奇襲といった具合。
--このスキルは、なるべく反撃を受けずに敵を倒す為のスキルだと思われる。%%火力スキルとしては微妙%%。
:2012/8/23アップデート|
--威力を上方修正いたします。(反映済み)
--消費SPを増加いたします。
--ディレイタイムを短縮いたします。