イベントログ記録へ戻る

タイニー・かんぱにーでの対話(神魔装備時編) [edit]

パートナーに神魔を装備していると、追加台詞があります。
※空いているところは、順次埋めていってください。神魔を所有している方、ご協力お願いします。

○○にはプレイヤーの名前、△△にはパートナーの名前が入ります。
頭の[△△:]の部分には実際は名前は出ませんが、混乱防止の為にこの形式にしてあります。

アスモデウス装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

アスモデウス[/話す]:
 あららっ?
 そこにいるのは私?
 よく似た別の誰か?
 ふふふ、いい度胸ね……
 たとえ誰であろうと、
 ○○様と
 同行しているお方であれば
 構いません、何なりとお申し付けを!
△△[/話す]:
 いえいえ、私こそが
 ○○様の
 第一のしもべ。
 いえ、第一なんておこがましい、
 序列などないただのしもべですから
 こちらこそ何なりとお申し付けを!
ホワイトファング[/話す]:
 騒々しいです、これ。
 どうしたらいいんだろう……
 ○○、あなたに
 任せてしまって大丈夫……?
アスモデウス[/話す]:
 ホワイトファングだって大丈夫ですわ!
 のどは乾いておりませんか?
 足とか腰とかおもみしましょうか?
 ○○様の命令が
 来ていなければぜひご命令を!
ホワイトファング[/話す]:
 いや、流石にそれは……
 アスモデウスは厳密にはかんぱにーの
 メンバーというわけではないけど、
 一応は仲間なんだし、その。
 もうちょっと友達程度の接し方に
 してくれるとたすかるのだけど。
アスモデウス[/話す]:
 ううっ、心にしみるお言葉……!
 でも、私を同列に置くよりはちょっと
 下においてくれた方が責任取らなくて
 いいから楽かも……
ホワイトファング[/話す]:
 ……そこは自己責任よね。
 ○○も私も
 責任を被ることはしないと思うわよ?
△△[/話す]:
 温かくも厳しい友情……
 そちらにはホワイトファングという
 素晴らしい仲間がおられますし、
 ○○様の
 第一のしもべは私様がゲット、
 でよろしいですわね?
アスモデウス[/話す]:
 あっ! ずるくないそれ!?
 ……でも、考えようによっては
 そっちに責任だけを任せてもいいし……
△△[/話す]:
 それくらい許容しますわよ!
 ○○様に
 もし見捨てられてしまったら、
 私はただの野良大悪魔。主だけではなく
 おうちすらなくなってしまいますわ。
ホワイトファング[/話す]:
 ○○が
 見捨てるなんて、まずないと
 思いますけど……
 何かあったら、ここに住みます……?
 すると、アスモデウスが二人……!?
 ○○、
 少しうるさいとは思うけど、
 仲良くしてあげてね。

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ○○様のお隣に
 大悪魔△△
 さっそうと登場!
 ささ、腰をおもみいたしましょうか。
 それとも焼きそばパンがお好みかしら?
 遠慮なくお申し付けくださいませ♪
ワルキューレ[/ほくそ笑む(信頼の証)]:
 くすくす……へぇ~、そうなんだ。
 貴方ったら、人間に良いように
 こき使われちゃってるんだぁ?
△△[/話す]:
 ……はたして、本当にそうだと
 お思いかしら?
ワルキューレ[/話す]:
 あらぁ?それはどういうことかしら?
△△[/話す]:
 ふふふ……ワルキューレ様だって、
 お気付きのはずですわよ?
 ○○様の実力と
 私の気の弱さと根性の無さ……!
シナモン[/話す]:
 それ、ちっとも自慢にならないよ!?
ワルキューレ[/話す]:
 確かに自慢にはならないけど……。
 そこを弄っても開き直られると、
 からかいがいが無いわね。
 それにしても、理性がある分まだ
 十分にましだとはいえ……。
 この世界にやってきた同じ世界の
 同類がこんなのというのはちょっと
 心外……かしらね。
シナモン[/話す]:
 も~。
 せっかくお友達になったんだから
 もうちょっと仲良くしようよ!
 ね? ね?
ワルキューレ[/話す]:
 あら……仲良くしているつもりだけど?
△△[/話す]:
 ええ、安心していいのよ♪
 誰よりも下に立つことで、
 無敵の護身を手に入れる……
 これが大悪魔△△の
 処世術!
ワルキューレ[/話す]:
 なんかイラっと来たわね、今の。
 ちょっと浄化されておかない?
△△[/話す]:
 え、いやちょっとそれは。
 この三食昼寝つきの環境と物理的に
 オサラバするのは避けたいですわ!?
ワルキューレ[/話す]:
 ……くす。やっぱりあなたそういう風に
 余裕がない方が可愛いと思うの。
 またいっぱい遊んであげるわ、
 △△おねえちゃん♪
シナモン[/話す]:
 ううん、確かに息はあってるようだけど
 本当に仲がいいのかなぁ……。
 ○○ちゃん、
 △△ちゃん
 をよろしくね?
△△[/話す]:
 シナモン……!!
 女神……っ!
 ○○様、
 あそこに女神がいます……!!

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ふぅ、この周辺に来ると
 微妙に闇っぽいテイストの神聖さが
 肌に刺さりますわ……。
サイクロプス[/話す]:
 あ! それしってる!
 聖なる闇のしゅくふくとかいうやつ!
 ……そのお肌は日焼けなの?
△△[/話す]:
 聖なる闇とかないですわー。
 私、敢えて言えば純度100%闇系、
 そう、一応仮にも大悪魔ですわよ?
 あと、これは昔からこの色ですわ。
サイクロプス[/話す]:
 そーなんだぁ……何かでそうだと
 おもってたんだけど……あ、そうだ!
 △△は、
 師匠みたいな喋り方を
 練習してるの?
ヤタガラス[/話す]:
 ほう、それは興味深いな。
 俺のスタイル、写し取ってみるか?
△△[/話す]:
 してませんわよそんな事!?
 一体全体何のことですの?
サイクロプス[/話す]:
 え、だって。
 ホワイトファングやオリヴィアに
 最初は凄かったって聞いたし、
 この前、一人で浮かんで高笑いする
 練習とかしてたよね?
△△[/話す]:
 見てたんですのあれ!?
 えっと、あれはその。
 昔を懐かしんでというか、
 イメージトレーニングと言いますか……。
ヤタガラス[/話す]:
 おお、流石だな。
 是非とも見せてもらいたいものだ。
 ……貴様の、刃をな。
△△[/話す]:
 ひぃぃ!?
 そんな刃はありませんわよ!?
 そう、敢えて言うなら今のように
 ○○様に
 後ろについてもらって、
△△[/ゴゴゴゴゴ(信頼の証)]:
 身の程知らずね、人間。
 私様はかの○○様に
 お仕えする大悪魔……!
 あのお方のご威光を恐れないならば
 かかってくるがよい……。
△△[/話す]:
 とか思わなくもなかったですけど!
 ですけど!
ヤタガラス[/話す]:
 言っていることはいささか情けないが、
 魔力の量や強さに関しては
 それなりにあるようにも見えるが……。
 まぁ、それがお前のスタイル、か。
 うむ、見事!
 これは俺も負けていられまい!
 やはりヤタガラスの名を持つ者として
 漆黒の翼で空を舞うくらいはせねば
 いかんかな……!
サイクロプス[/話す]:
 師匠、あたしもお空飛びたい!
 ちょうちょみたいに!
△△[/話す]:
 えっと……私、ちょうちょか何かと
 比べられてたってことですの……?
 サイクロプスの性格を考えると、
 褒められていることはわかるんだけど
 なんだか反応に困りますわ……!?

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あらあらまぁ!
 こんな所で遠縁と出会えるなんて
 私たちの幸運もなかなかのものですわね、
 ねぇリヴァイアサン♪
リヴァイアサン[/話す]:
 ん、ああ、そうかな?
 面識はそこまでないと思ったけど……。
 神魔と言う立場でこの世界にたどり
 ついたという意味では確かに奇遇だね。
△△[/話す]:
 そんな水臭い事言いっこなしですわ。
 同じ大悪魔の系譜として仲良く……。
 あ、でも私より下に来てはダメよ?
クリムゾンバウ[/話す]:
 ……なんだそりゃ。
 ○○の相棒は
 良くわかんねえな。リヴァイアサンは
 昔っからこいつと知り合いだったのか?
リヴァイアサン[/話す]:
 (んー……実は面識全くないんだよ。
  おそらく、この様子だと同名の他人と
  勘違いしていると思うんだけど……)
 まぁ、その辺は気にしなくていいよ。
△△[/話す]:
 この世界で私はこのように
 ○○様の下僕という
 素晴らしい立場を得ましたけれど、
 きっといつかあなたもいいことが
 あるに違いありませんわ!
 まぁなんと言いますか、来た時期は
 同じようですけれど、私は少し先輩。
 ……そう、頼ってもいいですわよ!
 豪華客船に乗ったつもりで!
 まぁ、責任は負えませんけれど!
リヴァイアサン[/話す]:
 うんうん、同じ神魔同士だからね。
 仲良くやっていこうよ。
 私も面倒くさいことは苦手なんで
 色々と頼らせてもらうね。
 ○○ちゃんにも
 よろしくお願いしたいかな。
 あとまぁ、私、どっちかというと
 豪華客船を沈める側に
 分類されることが多いんだけど……。
 ま、いっか。
クリムゾンバウ[/話す]:
 ……まぁ、なんつーのかな。
 ○○。
 これ、一応どっちも不幸にはなってない
 ……んだよな?
 アタシはアンタの相棒に対して
 どう振る舞えばいいか悩ましいんだが、
 その辺こいつはどう思ってんだろ?
△△[/話す]:
 クリムゾンバウは……その。
 ホワイトファングに聞く限りでは
 いい人だと聞いてるし、ちゃんと命令
 してくれるという意味では楽……。
 なのだけど、ほら、なんて言いますの?
クリムゾンバウ[/話す]:
 なんだよ、はっきり言えよ!
 ……あ、もしかしてお前、凄く
 弱い……とかいうことは……。
 まさか、その派手な外見で!?
△△[/話す]:
 ひ、人を外見で判断すると
 痛い目にあいますわよ!?
 主に私が!

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イシス[/話す]:
 お姉ちゃん、
 △△お姉ちゃん、
 いらっしゃい♪
△△[/話す]:
 この大悪魔△△が
 来ましたわよ……そう、
 ○○様の
 先触れとして!
バルーンピッグー[/話す]:
 いらっしゃ~い♪
 ねぇねぇ、何かおいしい物ないかな?
 イシスが前にいた所って、食べ物とかも
 形がなかったんだって~。
△△[/話す]:
 緊張感のない子ですわねぇ。
 おいしいものと言われても……
 私としましても、元々は物質と縁のない
 生活をしていたわけですからあまり
 そういうのは詳しくありませんわ?
バルーンピッグー[/話す]:
 ○○さんは、
 何かおいしい物は持ってない~?
 あるいは、知らない?
 ウチね、おいしい物のためなら、悪い事
 じゃなければ頑張れると思うのぉ~。
イシス[/話す]:
 普段のお仕事でも頑張ってくれてるよ?
 ピッグーちゃん、努力家だから
 この前はその前より良くできたもんね♪
△△[/話す]:
 (くっ……バルーンピッグーなら私でも
  御しやすいと思いましたのに、なんで
  イシスと仲良しさんなんですの!?)
バルーンピッグー[/話す]:
 ん~?
 △△さん、
 どうしたの~?
 なんか、難しいお顔してるけど
 おなかでも痛いの?
イシス[/話す]:
 えっ、大丈夫?
 お姉ちゃん、お医者様に
 見せたほうがいいかも……
△△[/話す]:
 だ、大丈夫! 大丈夫ですわ!
 ご心配いただきありがとうございます。
 でも皆様の大悪魔であるところの
 △△は平気ですの。
 ……ふぅ、こういう上下関係を
 決めない関係性はたまに厄介ですわ。
イシス[/話す]:
 △△お姉ちゃん、
 ちゃんとみんなの中での立場を明確に
 したがるところあるよね。
 気にしなくてもいいと思うけど、
 それが習性なら仕方ないよね。
△△[/話す]:
 えっ?
 ……その、そう真正面から肯定されると
 なんだかやりにくいですわね。
イシス[/話す]:
 ううん、貴方は頑張ってるもの。
 ○○お姉ちゃんって
 言う良いご主人様ができたのは
 幸運だけど、良い事ばかりでは
 なかったんでしょ?
 大丈夫、その頑張りはきっと誰かに
 届いていると思うよ♪
△△[/話す]:
 うっ……甘えたい……身をゆだねたい、
 ……あれ、こっ……これは!?
 い、いけません、
 ○○様。
 これはイシスの溢れすぎる母性による
 なんか精神的な何かへの攻撃……!?
 この大悪魔と言えども、
 ○○様の下僕である
 という強い自意識がなければ、
 敢え無く陥落してしまう所でしたわ……
イシス[/話す]:
 あの……出来たらみんなには
 ちゃんと自立した子になって欲しい
 のだけど……仕方ないのかなぁ?

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ふふふっ……
 この大悪魔△△、
 ○○様の配下として
 この地に降り立ちましたわ!
 さぁ、我が挨拶を受け取りなさい!
 ……お土産ですけどね。
フォックストロットB3[/話す]:
 △△殿は、どうして
 そう仰々しい喋り方をするですか?
 イザナミ殿の口調も時々古風なので
 おかしいとまでは言いませんが……。
イザナミ[/戦闘待機]:
 大悪魔だろうと何者だろうと、
 ○○様と妾の間を
 邪魔するようであれば……。
△△[/話す]:
 あら、そうなんですの?
 ○○様の配下として
 盛大にお祝いをしなければ
 いけませんわねぇ。
イザナミ[/話す]:
 ……大悪魔と言うのは話が分かる
 相手のようで大変助かります。
 ○○様は良い配下を
 お持ちですね、流石です。
△△[/話す]:
 い、いやぁそれほどでも……ふふっ、
 私とあなたは同じ主を持つ者同士、
 立場は違えど仲良くやっていこうじゃ
 ありませんこと?
イザナミ[/話す]:
 そこには同意できますね。
 末永く良い関係を築きたいものです。
フォックストロットB3[/話す]:
 自分はよく知らないし、仲がよいのは
 素直によい事ではありますけれど……、
 お二人は立場の違いで張り合ったりは
 しないのですね?
イザナミ[/話す]:
 妾たちはそもそも元に居た場所でも
 所属が違いますからね。余所での立場に
 敬意は払えど、敢えてそこで上下関係を
 強調する必要もありませんし。
 ……そうそう、先日顔を踏んでしまった
 事についてはお詫びします。
 焦っていたとはいえ、我が配慮の配下を
 傷つけるのは本意ではないのです。
△△[/話す]:
 ふふっ、ふふふっ……ああっ、なんだか
 すごく気持ちいいような落ち着かない
 ような気分ですわっ……!!

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 地獄の門番ケルベロス……ふふっ。
 かくも名高き番犬に挨拶するために、
 ○○様の忠犬こと
 △△が参りましたわっ!
ケルベロス[/話す]:
 忠犬なんですか!?
 番犬なかまですね!
 わんわんっ!
ポイズンジェル[/話す]:
 ……えぇ、なにこれ?
 ○○ちゃん的には、
 こういうのはオッケーな感じ?
 接し方変えたほうがいいかな……?
△△[/話す]:
 なんですって、ポイズンジェルは
 一応はクラゲっぽい何かだと思って
 ましたけれど、あなたもこの勝負に
 急遽参戦なんですの!?
ケルベロス[/話す]:
 あれ、そうなんですか?
 ご参加するなら今のうちにどうぞ!
 参加受付中です♪
△△[/話す]:
 負けませんけど、もうすでに負けた
 ような気分なのは秘密ですわ!
 わんわんですわっ!
ポイズンジェル[/話す]:
 あー、そういうのは任せるから。
 キャラはかぶりすぎないようにするのが
 一番だよねー。
ケルベロス[/話す]:
 えー、そんなこと言わないで下さいよ、
 一緒に遊んでください♪
 ○○さんも、
 一言言ってあげてください。
△△[/話す]:
 そうですわそうですわ!
 ……あれ? でもそれを言うと私が
 ○○様に命令を
 することになってしまいますし、
 ど、どうしましょう……わんわんっ!

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ○○様の下僕、
 △△も参上しました♪
 さぁ、ご命令をですわ!
スペルキャスター[/話す]:
 ん……あの、ええと……。
 △△は、
 なんで青いの?
△△[/話す]:
 えっ!?
 そこなんですの?
 ふふん、それは地肌ですわよ?
スペルキャスター[/話す]:
 ちょっと、かっこいい……かも。
バフォメット[/話す]:
 そうね、そこは大きな武器よ。
 肌の色は個性的でいいのだけど、
 貴女はちょっと女の子としての
 誇りを持たないとダメよ?
 下に行くだけじゃダメなの。
 隣にいる○○の
 輝きに負けないくらいじゃないと、
 一緒に居られなくなっちゃうわよ?
△△[/話す]:
 えっ?
 そういう反応をされるのも結構な
 レアさだと思うのですけど……?
バフォメット[/話す]:
 色気もある、くびれもある。
 後はその態度をもっと力強く、
 自信を持って!
 きっとあなたはもっと輝けるわ♪
スペルキャスター[/話す]:
 △△、キラキラする?
 かっこいいかも……。
△△[/話す]:
 あ、あれーっ?
 もしかした私、大悪魔にして
 アイドルになっちゃったりして?
 下僕系アイドル……それって
 ○○様的には
 ありなのでしょうか?

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ほほほほほ、偉大なる
 ○○様の下僕
 △△が参上ですわ。
 さぁ、靴を舐める準備は完璧ですわよ?
モックー[/話す]:
 あはは、誰これ?面白ーい!
 角ある角! 持っていい?
 そのわっかってさわれんのー?
カグヤ[/話す]:
 モックー、それは流石に。
モックー[/話す]:
 えー、いいじゃん真面目ロボー。
 自分で下僕って言ってるんだよ?
△△[/話す]:
 これは、無邪気系の邪気……!
 自覚無くおっかないことをする子供と
 同質の暴君の素質ですわ。
 なかなかの器かも……!
 でも角は取れませんのよ?
モックー[/話す]:
 そっか、じゃ、どんなことしてくれるの?
△△[/話す]:
 では、私の背に乗るというのは?
 この大悪魔、馬でも犬でもお任せです!
カグヤ[/話す]:
 ノリがよいのは悪い事ではないですが、
 そこまで身を粉にしなくても……。
 ご自分を卑下することはありませんよ?
△△[/話す]:
 えっ?
 卑下するも何も、私はほら、
 ○○様の
 忠実なしもべである訳ですから?
カグヤ[/話す]:
 いえ、それは理屈にはなっていないかと
 思われますが……それに、どなたかに
 お仕えすることを悪いとは申しませんが
 人としての尊厳や自由という……。
△△[/話す]:
 え、ちょ、その、あれ?
 なんだかこの方私を真人間にしようと
 努力しているような!?
モックー[/話す]:
 ……あっ、大悪魔って、ダメ人間に
 ならなきゃいけなかったりするの?

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ふふふ……やってきましたわよ!
 この無慈悲な時代に吹き荒れる
 大悪魔の来訪ですわ!
 具体的には主人である
 ○○様の
 お供ですわ!
ワイルドドラゴ[/話す]:
 ああ、よく来てくれた。
 二人とも喉は渇いていたりしないか?
 何か飲み物でも用意しよう。
リリム[/話す]:
 ……前口上をガンスルーって、ある意味
 私以上に無慈悲ねワイルドドラゴ……。
ワイルドドラゴ[/話す]:
 な、何か気に障ることでもあったか?
 ○○様の従者だし、
 普通にもてなそうと思ったんだが。
△△[/話す]:
 ……ああ、この丁寧だけどズレた反応、
 戸惑いともドン引きとも違うこれは、
 ……こちらも反応に困りますわね。
ワイルドドラゴ[/話す]:
 良くわからんが、粗茶をどうぞ。
 ○○様も
 遠慮せずに。
△△[/話す]:
 あら、結構なお手前で……。
リリム[/話す]:
 △△って、
 ○○さんの下僕なのよね?
 なら、私もなんかいろいろ命令しても
 よかったりするの?
△△[/話す]:
 ふっ、何を言うかと思えば……。
 もちろん大歓迎に決まっているじゃ
 ありませんこと!?
リリム[メタモルフォーゼ中に/relaxのポーズ]:
 じゃ、肩もんでー。
 足のマッサージしてー。
△△[/座る]
リリム:
 あ、そうそうそんな感じー♪
ワイルドドラゴ[/話す]:
 こら、リリム殿! それに貴女も、
 そう簡単に自分を安売りしてはダメだ!
 騎士たる者、自らを卑下することは
 主君の評価を下げる物と思わねば!
△△[/話す]:
 えっ、えっ!?
 反応するのそっちですの?
 その反応は期待してませんわよ!?
 あ、ちょっと、教育的指導は待って!?

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 麒麟……犬系の生き物ですの?
 であれば、容赦はできません。
 ○○様に
 お仕えする下僕系大悪魔としては
 この戦い、負けるわけには
 まいりませんわ。
 さぁ、何なりとご命令を!
麒麟[/話す]:
 犬系……とも違うとも言えるんやけど、(※伝説では麒麟の頭部は狼)
 そうかぁなんでも聞いてくれるんかぁ
 何にしようかなぁ?
 食料の買い出しと、肩もみと……。
ゴーチン[/話す]:
 ……いや、別に他人の行動に文句を
 言う筋合いはなんだけどさ。(※原文まま)
 麒麟さんの適応っぷりも驚くが、
 ○○の相棒は、
 その……いいのか?
麒麟[/話す]:
 あんなぁ聞いてくれるって
 言うとるんやから、使わな損やで?
 むしろ、徳を積んどると言うても
 いいくらいや。
△△[/話す]:
 ふふふ……誰よりも低く、責任を
 取らずに立ち回るのがこの大悪魔
 △△の覚悟の表れ!
 さぁ、ゴーチンもご命令を!
ゴーチン[/話す]:
 その生き様、ロックだね。
 いいか悪いかの区別はできないが、
 覚悟を決めて貫き通すその姿勢、
 嫌いじゃない……が、西軍としては
 こんな連中と協力関係ってのは
 果たして大丈夫なのか……?
△△[/話す]:
 あっ、なんか久しぶりに存在自体に
 疑問を持たれてますわ!?
 この微妙な拒絶感、懐かしい……!
 くくく……負けていられませんわよ!
 主に負ける事に関して!
ゴーチン[/話す]:
 ○○、
 こいつは本当に大丈夫なのか……!?

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

アスモデウス[/話す]:
 ……来たわね、ついに。
 しかも、○○様も
 一緒。
 さぁ、靴を舐める覚悟はできていますわ!
 煮るなり焼くなり好きにするが
 いいですわ!
 さぁ、お申し付けくださいませ!
△△[/話す]:
 ……ここまで傲慢に卑屈な相手、
 初めて見たかもしれないわね。
 ある意味恐ろしい相手かも……?
ホワイトファング[/話す]:
 この前コテンパンにされたことと、
 元々主と定めた相手である
 ○○が一緒に
 居ることで、何かのリミッターが
 解除されてしまったみたい……
△△[/話す]:
 ホワイトファングは、アスモデウスと
 一緒にいるといつもこんな感じの対応を
 されているのかしら?
ホワイトファング[/話す]:
 ここまで極まったことは滅多にないです
 けれど……基本的に腰は低いですね。
 時々命令をしろとせがまれますし。
アスモデウス[/話す]:
 うふふ……大悪魔アスモデウスは
 万民の下から皆様を見上げますわ。
 この位置はだれにも渡しませんわ……!
△△[/話す]:
 一度物理的に浄化してあげたほうが
 いいのかしら……?
アスモデウス[/話す]:
 ひっ!?
 物理は勘弁してくださいませ!
 シャレになりませんわ、あなたのそれ!
ホワイトファング[/話す]:
 △△の槍は
 うかつに振るうと周囲の機材に
 被害が出そうですから、本当に
 やるなら広いところで……
アスモデウス[/話す]:
 おお、外堀が重機か何かで一気に
 埋め立てられた気がしますわ……!
△△[/話す]:
 ホワイトファングって、こういう時に
 すっごく冷徹な目でこっちを見るのね?
 値踏みされるのはあまり好みでは
 ないのだけれど?
ホワイトファング[/話す]:
 値踏みをしている気はないのですけど……
 あなたがどこまで本気でやって、
 どこまで出来てしまう人なのかは
 確認しておきたい、と思ってますね。
 
△△[/話す]:
 ……なるほどね、そういう人か。
 ○○が認めているから
 どんな相手かと思ったら、確かに
 面白い存在かもしれないわね?
ホワイトファング[/話す]:
 えっ?
 ○○が、わたしを……
 そんな、その……
△△[/話す]:
 そこでは、そういう反応なの……?
 切れ者なんだか、初心なんだか
 わかりにくい子ね……?
 

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 邪魔するぞ、ここは随分賑やかだな。
 なに、活気があるのはいいことだ。
アスモデウス[/話す]:
 くっ、邪悪っぽいかと思ったら
 何気なく神聖系のオーラをまとった
 奴がやってきましたわ……。
 ○○様
 に率いられて……。
 もはやこれまで、さよなら抵抗力!
 さぁ煮るなり焼くなり好きにしなさい!
 あるいは何かご命令を!

アスモデウス、土下座。

ホワイトファング[/話す]:
 とりあえず落ち着いてください。
 そこまで行くと賑やか、ではなく
 単に騒がしいですから。
アスモデウス[/話す]:
 ううっ、的確に指摘された……。
 ホワイトファングのクールさは
 まさに一服の清涼剤。
 さぁご命令を!

アスモデウス、再び土下座。

ホワイトファング[/話す]:
 最後の一言、どこにもつながって
 ないじゃない!?
 来客を無視してコントをしている
 訳にはいかないんですよ!?
△△[/話す]:
 ああ、構わん構わん。
 見ていて飽きないからな、
 こっちはこっちで眺めているさ。なぁ、
 ○○。
ホワイトファング[/話す]:
 わたしをコントの演者として
 見られるのは、流石に不本意です……。
 その、特に、お友達でもある
 ○○に、その。
 誤解されても……。
アスモデウス[/話す]:
 なに!?
 なんですの、これ。
 これは私も置いて行かれないように
 恥じらいを見せねば……

アスモデウス、服従?(目にハートを浮かべるモーション)

△△[/話す]:
 それは、口に出さずに行動に
 移すべきではなかったのかとも
 思うが……まぁ、止めまい。
 やれやれ、俺が原因の一つ
 でもあるのだが、出来れば俺と
 ○○に、
 何か飲み物でも出してくれると
 ありがたいのだがな?
ホワイトファング[/話す]:
 !
 そうですね、すぐ出します。
アスモデウス[/話す]:
 いいえ、ここは私が!
 ホワイトファングは命じるだけで!
△△[/話す]:
 ……どちらかが命じるだけの立場に
 甘んじられれば、ここまでの混乱も
 起きないのだろうなぁ、これは……。

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 空気が変わった……。
 どうやら、ここはお前の領域の
 ようだな、ワルキューレ。
ワルキューレ[/話す]:
 否定はしないけど、空気が綺麗なのは
 シナモンが掃除したり花を飾ったり
 してくれているからよ?
シナモン[/話す]:
 あ、二人とも遊びに来てくれたの?
 いらっしゃい!
 紅茶がいい? それともお茶や
 コーヒーが好みかな?
 ジュースも出せるよ?
△△[/話す]:
 ふむ、この柔らかい感覚は
 相棒のおかげ、か。
 最初は刺々しく見えたお前も、
 ずいぶんと柔和になったようだな。
ワルキューレ[/話す]:
 あら、導きし者とか名乗った割には
 ずいぶんと人を見る目がないわね。
 私は最初から柔和でおとなしい
 存在なのだけれど?
シナモン[/話す]:
 え……あー、うん。
ワルキューレ[/話す]:
 そうよね?
シナモン[/話す]:
 あはは、普段は……ね。
△△[/話す]:
 周囲の人物は己を映す鏡とは、まぁ
 よく言ったものだな。
ワルキューレ[/話す]:
 周りの空気も読めない人が
 それを言うのはなかなかユニークよね?
シナモン[/話す]:
 ね、ねぇやめようよぉ。
 ○○ちゃんも
 何か言ってあげて……え?
 朱に交われば赤くなるから仕方ない?
ワルキューレ[/話す]:
 朱……?
△△[/話す]:
 赤……という事か。俺たちが。
ワルキューレ[/話す]:
 それは不本意ね、流石に。
 こいつと同じ色扱いされるのは……。
△△[/話す]:
 それについては俺もだが……。
 まぁ、これ以上言っても不毛だな。
 何せ、同じ意見になっている。
ワルキューレ[/話す]:
 むむ……私が言いくるめられるとは
 少々油断していたかしら。
 ○○、今回は
 褒めてあげるわ。
シナモン[/話す]:
 みんな仲良くしようよぉ……。
△△[/話す]:
 俺もワルキューレも、ケンカをしている
 つもりはないのだが……。
 ふむ、そう見えてしまうのか。
 俺もまだ未熟だな。

ヤタガラス、嘆く。

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ……ついに出会ってしまったな。
 導きし者、漆黒の翼持つ剣よ。
ヤタガラス[/話す]:
 蒼き闇色の羽根。
 彼方を射抜く双眸……。
 来たか、鏡写しの我よ。
△△[/話す]:
 ……ふむ、一段と腕を上げたな。
 俺ですら聞き惚れるところだったぞ。
 ○○、
 お前も名乗りを上げたらどうだ?
サイクロプス[/話す]:
 あ、あたしもやりたいやりたい!
 なんかかっこいい名乗り考えたい
 ……けど、うーん……思いつかないや。
 可愛い名乗りもいいのかなぁ……?
ヤタガラス[/話す]:
 どうだろうな。
 ありかなしか、で言えばありだが。
△△[/話す]:
 かわいい、か……。
 俺たちもまだ踏み込んだことのない
 領域はまだ存在する。
 ……む、意外なほど思いつかん
 ものなのだな、ジャンル違うの事は。
 ○○、何か
 いい案はないものかな。
ヤタガラス[/話す]:
 うむ。
 可愛い弟子の名乗りだからな。
 是非とも、よい言葉を贈ってやりたい。
 すまんが、力添えを頼むぞ。
サイクロプス[/話す]:
 ○○が
 考えてくれるの!?
 ほんと? うれしい!
 楽しみにしてるね!
ヤタガラス[/話す]:
 ふむ……とはいえ、それが決まる
 までにも何らかの名乗りは必要か。
△△[/話す]:
 確かに。
 はて、俺たちも他人の事になると
 まだ未熟だな。導きし者としては、
 このままでいいとは言えん……
 ん、どうした?
 ふむ、なるほど。
 ○○、その案は
 わかりやすくていいな!
 「ヤタガラスの弟子」か、
 確かにその通り!
サイクロプス[/話す]:
 あ、それいい!
 それにする!
 えへへー、あたしはねー、
 ヤタガラスの弟子、サイクロプス!
 わ、なんかかっこいい!
 ○○ありがとー!
ヤタガラス[/話す]:
 単純で飾りもない言葉だが、
 それでも力強い事実、か。
 これは一本取られたな。
 ○○、感謝する。
 弟子もこの通り喜んでいるしな。

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 おう、なかなかに壮観だな。
 さながら、海底の宝物殿か。
 ○○、俺たちも
 見物と洒落込もうではないか。
リヴァイアサン[/話す]:
 やぁ、よく来てくれたね。
 いくらでも見て行ってくれて構わない
 けど……クリムゾンバウが君たちに
 用事があるみたいだよ。
クリムゾンバウ[/話す]:
 おう、来たなオマエら。
 ○○、ちょいと
 △△を借りるぜ。
 今日こそこっちの勝ち越しで終わらす。
 絶対負けねえから!

クリムゾンバウとヤタガラス、構える。

△△:
 ほう、その意気やよし!
 油断できるほどの相手ではない故、
 怪我をさせるかもしれんが……。
クリムゾンバウ:
 お互い様だな、いくぜ!
リヴァイアサン[/話す]:
 はいストップー。
 私のコレクションが傷ついちゃうから
 やるなら広い所でやってね。
 ○○ちゃんと
 一緒に見学しに行くからさ。
クリムゾンバウ[/話す]:
 なんだよ、呑気だなぁ。
 ……まぁ、ここだと置物が邪魔だって
 言う意見はわかるけどな。
△△[/話す]:
 ……いや、敢えてここでやって、
 全ての障害物を避け続けることが
 出来たのであれば、それはそれで
 さぞや美しい技になるだろうな。
 ……ふむ、悪くない。
リヴァイアサン[/話す]:
 ……あ、これ良くない空気だ。
 ○○ちゃん、
 クリムゾンバウ、早めに止めないと
 黙って大暴れはじめられちゃうような
 気配がしてきたから、話題変えよう?
クリムゾンバウ[/話す]:
 なんだよ唐突に……じゃ、たとえば
 アタシがこの前街であった子の話
 なんだけどさ。同族に会ったんだよ。
△△[/話す]:
 ……ほう、お前の同族か。
 さぞや猛々しい一族なのだろうな。
クリムゾンバウ[/話す]:
 いや、それがさー……。
 まだちっこい子でさ。気弱なのか、
 懐いてくんないんだよね……。
 怖がられてんのかな。
△△[/話す]:
 確かに、それは意外だな……。
リヴァイアサン[/話す]:
 クリムゾンバウは声が大きいからね。
 後、一つ一つの動きが早くて対応が
 出来ない事もあるんじゃないかな?
 ……よし、流れ変わった。
 クリムゾンバウは有能。

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イシス[/話す]:
 お姉ちゃん、
 いらっしゃーい♪
 △△お兄ちゃんも
 歓迎するよ♪
△△[/話す]:
 しばし、邪魔させてもらうとしよう。
 ああ、そうだ……俺とこいつが揃うと、
 周囲の呼吸が止まることもある。
 ないとは思うが、魅入られるなよ?
 俺の魅力は、相方を引き立てるための
 物でもあるのだからな。
バルーンピッグー[/話す]:
 ん~。それって要するに
 ○○さんの事を
 遠まわしに褒めてるのかな?
△△[/話す]:
 遠まわしではないぞ。
 直接だ。
バルーンピッグー[/話す]:
 今の、直接だったんだ……?
△△[/話す]:
 誰かを褒めることに理由などいらん、
 それが本心ならなおさらだ。
 隠すな、衒うな、己の心に従って
 動くだけのことよ。
イシス[/話す]:
 △△お兄ちゃんは
 色々な意味で強いからねー。
 でも、そこまで言わせちゃう
 お姉ちゃんも、実はなかなか
 すごかったりするんだよね♪
△△[/話す]:
 俺は導きし者。
 故に、迷う者があれば正しき道を示し、
 正しき道をゆく者があれば、その道が
 歪まぬように先導する。
 今は、悠々自適に先導するだけで
 偉そうにしていられるのだから、
 気楽と言えば気楽なものさ。
 なぁ、○○。
バルーンピッグー[/話す]:
 ふわわぁ~……。
 正直、何を言っているんだか半分くらい
 わかんなかったこともあるけど、
 ○○さんがなんだか
 すごいんだなってことと、強いとか
 かっこいいって言うのは難しいんだなぁ
 ……って思ったよぉ。
イシス[/話す]:
 うんうん、ちょっと言葉が難しいよね。
 でも、仕方ないの。
 そういう生き方を選んじゃったんだから
 なかなか変わることもできないし、
 決して悪い事じゃないし……ね。
 そういえば、サイクロプスお姉ちゃんに
 聞いていたダイエットの話って、
 どうなったの?
バルーンピッグー[/話す]:
 あ、そうだぁ!
 ……でも、どんなダイエット方法に
 なるのかわからないからためらうよぉ。
△△[/話す]:
 なんだ。運動の相談か?
 導いて欲しいのなら遠慮はいらんし、
 ○○に相談するのも
 手だ。
バルーンピッグー[/話す]:
 そっちもありかもぉ~……なやむぅ。

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔致す。
 ふむ……イザナミと言えば、元々は
 我が主筋の上のお方のはず……。
 なのだがなぁ……。
フォックストロットB3[/話す]:
 △△殿は、
 イザナミ殿と過去に面識が?
イザナミ[/話す]:
 ヤタガラスの眷属。
 名前は互いに知っている程度ですが、
 直接の面識はありませんでしたね。
 それにしても、スサノオの所でしたか、
 あれは困り者故、苦労を掛けますね。
 それにつけても、流石は我が伴侶
 ○○様。
 妾より若輩とはいえ、其の男を配下に
 従えるだけの器をお持ちでしたか。
 妾の見る目に過ちはありませんでした。
△△[/話す]:
 それについてはお答えしかねるな。
 ……それにしても、聞いていたのとは
 ずいぶんと印象が違う。
フォックストロットB3[/話す]:
 後学のためにもお聞かせ願いたいの
 ですけど、イザナミ殿って向こうでは
 どのような方として伝わっていたの
 でしょうか?
△△[/話す]:
 う、うむ……。
 ○○も、無関係では
 無いだろうから聞いておけ。
 あの方は、聞いた限りではたおやかで
 体の弱いお方と……。

フォックストロットB3、驚く。

フォックストロットB3[/話す]:
 健康そのものに見えますが……!?
イザナミ[/話す]:
 何の話をしているのです?
 妾だけ仲間外れはひどいでは
 ありませんか。
フォックストロットB3[/話す]:
 あ、いえ!
 自分のドリルで新しい必殺技を開発
 出来ないかと相談させていただいて
 いたのですよ。
イザナミ[/話す]:
 ……なら、いいのです。
 ですが、妾も話に加わっては
 いけませんか?
 良いのですね、ええ。
△△[/嘆く]:
 ……さて、はたして先方には俺の事は
 どう伝わっていたのやら……。
 噂話と言うのは、なかなかに信用が
 ならんものだな。

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ……ふむ、聞いたとおりだな。
 ○○の言うとおり、
 二人ともいい筋をしている。
ケルベロス[/話す]:
 わぁ、もしかして高く評価して
 頂けてます?
 いや、ありがとうございます、
 ご期待に沿えるようがんばりますね!
ポイズンジェル[/話す]:
 あたしは、やればできる子だよ。
 でもやらないけど、うん。
△△[/話す]:
 両者ともに明確な返答だな。
 明暗はっきり分かれたというべきか、
 漆黒と薄闇の違いというべきか。
 ふむ、どちらも見込みがありそうだな。
 まず、男女問わず生きざまを貫く事、
 己だけのスタイルを持つという……。
ケルベロス[/話す]:
 (ポイズンジェルさん、一緒にお話し
  聞きませんか? 面白いですよ?)
ポイズンジェル[/話す]:
 (こういう暑苦しいの苦手だなあ。
  疲れちゃう)
△△[/話す]:
 では、体の動かし方だが……。
ケルベロス[/回る?]:
 (健康によさそうだと思うんですけど
  一緒にやりましょうよ……)
ポイズンジェル[/話す]:
 (えぇ……あたしはいいよ。
  話聞くだけでも、正直
  頑張りすぎじゃないかって思う)

ポイズンジェル、相方の上に寝そべる。

△△[/話す]:
 ふむ、ケルベロスは覚えが早いな。
 それにしても……ポイズンジェルは
 体力があまりにも低すぎるようだ。
 これは、鍛えてやらねば悪いか。
 ○○、また来よう。

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 おお、元気にしていたか二人とも.
 バフォメットはまぁ、息災そうだが……。
 スペルキャスターはまだ体が小さい。
 いずれ来る覚醒の時に備え、その器を
 より強靭に……
バフォメット[/話す]:
 △△、ちょっと?
 まだ小さいスペルキャスターに
 妙な特訓はしないでほしいんだけどね。
△△[/話す]:
 妙?
 何を言う、これはれっきとした訓練で
 あり、体力をつけることに何の問題が
 有ろうかというものだぞ?
スペルキャスター[/話す]:
 うーん……ちょっと、暑苦しいの、
 苦手かも……。
△△[/話す]:
 なんだとっ!?
 この冷気すら纏う漆黒の炎が
 暑苦しい……それは困ったな。
バフォメット[/話す]:
 いや、十分に暑苦しいわよそれ?
 別に、男女問わず体力をつけることは
 悪くないのだけど……女の子はもっと
 華やかな方がいいと思わないかしら?
△△[/話す]:
 ○○も俺も、
 充分に華やかではないか、なぁ?
スペルキャスター[/話す]:
 えっと……△△は、
 ギラギラしてる感じ……。
バフォメット[/話す]:
 このベクトルの違い、分かってもらえる
 ならいいんだけど……ともあれ、
 貴方の修行は荒っぽいし、女の子に
 危ない事を教えるのは反対だわ。
スペルキャスター[/話す]:
 あの……○○も、
 △△も、一緒に
 お裁縫する?
△△[/話す]:
 裁縫か……細かい作業はそこまで
 得意ではないが……導きし者として、
 付き合わないわけにはいかないな。
 ○○、良いだろう?
バフォメット[/話す]:
 あら、意外。そこは見直したけど……。
 ちょっと待って、あなたのセンスって
 どっちを向いているの!?
 なんで黒とか金属系の糸ばかり
 使おうとするの!?

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

モックー[/話す]:
 来た! なんかすげー人来たー!
△△[/話す]:
 ……ふむ、人嫌いと聞いていたが、
 物を見る目はあるようだな。
 この漆黒の翼、導きし者としての
 責務に打ち震えているぞ。
モックー[/話す]:
 なるほど、わからん!
 でもなんかよくわかんないけど
 △△かっこいい!
△△[/話す]:
 そうかそうか、理解が追い付かなくとも
 感じ取るものがあれば、それでいい。
 よし、お前も弟子入りだな。
 ……だが、当然ながらそれは俺の
 友である○○の
 弟子も同然だが、問題はないな?
カグヤ[/話す]:
 ふふ、大丈夫ですよ。
 モックーはそういう所は素直だし、
 ○○さんは
 人間の中ではかなりいい感触ですから。
モックー[/話す]:
 しかたないなー。
 人間はホントはヤなんだけど、
 △△に免じて
 ○○は特別だよ?
△△[/話す]:
 良かろう、ではまずは型を一つ。
 まずは真似てみるといい。
 漆黒の翼の舞い!

ヤタガラス、導きのポーズ。

モックー[/話す]:
 よーっし、やってやるぜー!
 てやーっ!

モックー、チェーンソーを振り回す。

カグヤ[/話す]:
 △△さんの行動は、
 ときどき私には理解不能な物が
 あるのですけれど……モックーには
 通じているみたいです。
 それはそれで、素敵な事ですね。

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔するよ。
 ここは比較的静かでいいね。
 ……まあ、比較的……ではあれど。
アスモデウス[/話す]:
 ○○様、それに
 △△まで。
 歓迎しますわよ。ひゃっほーですわ!
ホワイトファング[/話す]:
 アスモデウス、静かに。
 嬉しく感じるのはいいのだけどね。
 △△はどうやら
 騒がしくない方が好みのようですし。
アスモデウス[/話す]:
 了解ですわホワイトファング。
 同族が来ているとついついテンションが
 上がってしまいますの。
ホワイトファング[/話す]:
 一応、仕事をしている場所でもあるの
 ですから……ずっと気を張っている
 必要はないと思うけどね。
△△[/話す]:
 なるほど、良い管理人さんがいるね。
 ホワイトファングは物静かだし、
 理性的でとても良い……と、見えるけど
 実際の所はどうなんだろう?
アスモデウス[/話す]:
 流石は同族ですわ、目の付け所、
 嫌いじゃありませんわ♪
 実際、ホワイトファングはクールな
 傾向がありますけど、もっとこう……、
 情の深さというものが……。
ホワイトファング[/話す]:
 アスモデウス、人のこと勝手に
 あれこれ言わないでください。
 ……かみつきますよ?
△△[/話す]:
 なるほどこれは可愛らしい。
 何、人はたいていにおいていくつもの
 役割という仮面をかぶって暮らして
 いるものだよ。気にすることはない。
ホワイトファング[/話す]:
 仮面、と言われるとちょっと
 大げさに感じますけど……。
 確かに、あまり人と打ち解けるのは
 得意な方ではないです。
 それを言っているのであれば、確かに
 仮面をかぶっているのかもしれません。
△△[/話す]:
 いや、その場に応じた役割を果たす
 ために使い分けるのは、たいていの
 人が無意識にやっていることだよ。
 家族と初対面の人に同じ対応は普通
 出来ないだろう?
 だから……アスモデウスや
 ○○ちゃんが見ている
 君の素顔というものに、非常に強く
 興味がわいたよ。後でじっくりと
 ○○ちゃんに聞いて
 見ようかな……。
ホワイトファング[/話す]:
 ○○、
 妙な事は言わないでくれますよね?
 ね?

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お疲れ様ー。
 なに、邪魔はあまりしないつもりだけど
 二人のコレクションとかがあれば
 見せてほしいかなって。
 割と片付いてるんだね、ここ。
 ワルキューレはもっと荘厳に飾ったり
 するのだと思ってたけど、意外かも。
ワルキューレ[/話す]:
 そういうのも嫌いではないけれど、
 結局の所かりそめの身体だしね。
 後は、物って壊すものだから、あまり
 執着はしないようにしているのよ。
 大事なのは、その中身。
シナモン[/話す]:
 この前も、タイ兄さんのマンガ雑誌
 全部捨てようとして大騒ぎしてたよね。
 確かに、片づけはできてなかったけど
 黙って捨てるのはどうかと……
△△[/話す]:
 それは……罪深いね。うん。
 やめてあげようよ。ノーデンスに限らず
 貴重な物は多いから。
ワルキューレ[/話す]:
 みんな物質にこだわるのよね。
 その時も、別の子が必死に止めるから
 容赦してあげたけど。あの子がいなきゃ
 焼き芋をつくる火種にしてるところよ。
 ちゃんと片づけてあれば、
 そんなことされずに済むんだけど。
シナモン[/話す]:
 あはは……でも、このかんぱにーは
 タイ兄さんの持ち物でもあるし、ね。
ワルキューレ[/話す]:
 でも、私が見た限りノーデンスはあまり
 物に執着してないみたいよ?
 さっきの件も、めんどくさそうにしてた
 だけで、片付けてたのは別の子だし。
シナモン[/話す]:
 あの子、マンガ好きだから……。
△△[/話す]:
 確かに、物持ちの割には扱いが雑だと
 感じることはあるかな。
 ……はたして、本当は何を考えて
 いるのやら……だね。
ワルキューレ[/話す]:
 よこしまな目的があるなら、
 浄化してしまえばいいだけだもの、
 気にしてないわよ?
シナモン[/話す]:
 そ、そういう過激な発言は控えて
 欲しいよぅ……。ワルキューレさん、
 悪い人じゃないのはわかるけど、
 誤解されやすすぎぃ!
△△[/話す]:
 ……でも、そういうことができる
 人材がいる事は、悪い事ではないよ。
 ワルキューレには色々と頼ることに
 なるかもしれないね……。
 そんな時が来なければいいけど。

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔するよ。
 何、暴れる気はないから安心して。
 ……そっちの力比べに付き合う気もない
 から、ヤタガラスは自重してね。
ヤタガラス[/話す]:
 荒れ狂う海の概念ともいえる貴様を
 目の前にして、本気の力を試せんのは
 何とも歯がゆいが……
 別に敵対するわけでもないから、
 そう言われては何もできんな。
 こういう時は、運命の悪戯でも
 起きないかと思ったりもするものだ。
サイクロプス[/話す]:
 △△は凄いよね、
 だって、師匠に負けてないんだもん。
 ……何か弱点はないかなー。
△△[/話す]:
 弱点探しかな?
 なんでそんなものを探しているのか、
 良かったら聞かせてくれないかな。
サイクロプス[/話す]:
 あのね、師匠に負けないくらい強い
 相手だから、弱点を見つけたら秘密に
 しておいて、もし師匠がピンチに
 なったら教えてあげるの!
ヤタガラス[/話す]:
 はっは、こいつはありがたい話だが……
 ピンチになってから教えられても
 間に合わんかもしれんな。
△△[/話す]:
 うんうん。
 でも良い子じゃないか。
 ヤタガラスは良い弟子を持ったね。
 で、だ。サイクロプスちゃん。
 私の弱点を知りたい?
サイクロプス[/話す]:
 え、教えてくれるの?
△△[/話す]:
 ああ、考えてもいいかな。
 だけど、それには代償が必要だ。
 君は犠牲を払わなければいけない。
 お金を渡すから、アップタウンのお店で
 四人分のおいしいおやつを買ってきて
 くれたら、私の弱点を教えてあげる。
 ……うーん、今回はお菓子の好みとかで
 どうかな。
サイクロプス[/話す]:
 うん、わかった!
 ○○は、
 なにか食べたいもの有る?
ヤタガラス[/話す]:
 ……先に言っておくと、一人で買い物に
 行かせた場合は帰ってくるまでに
 予想の倍くらいの時間がかかる。
 帰ってくるとなぜか人数が増えている
 事も多いので、そこは覚悟しておけ。
△△[/話す]:
 して、そのこころは?
ヤタガラス[/話す]:
 菓子を買うなら、四人分では足りんと
 いう事だな。俺も出すから、その倍の
 量を買っておいてくれ。
サイクロプス[/話す]:
 師匠、わかりました!
 わ、わ、お菓子一杯買えるよ!
 ○○、どうしよう!?

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 どうやら、またコレクションが増えた
 ようじゃないか、いいことだよね。
リヴァイアサン[/話す]:
 君の方こそ、私が手に入れていない
 ○○ちゃんを
 コレクションに加えているんだ、
 羨ましい限りともいえるかな。
クリムゾンバウ[/話す]:
 胡散臭い発言だな、おい……。
 ○○、いいのか?
 オマエ、コレクションにされてるけど。
△△[/話す]:
 何の問題もない、はずだよ。
 何せ、コレクションにしているのは
 お互い様なのだから。
 ……荷物を増やしているのは多少は
 自覚しているけれどね。
クリムゾンバウ[/話す]:
 ……なんだ、つまりこれは惚気なのか?
 アタシ帰っていいかな。
リヴァイアサン[/話す]:
 まぁまぁ、他人の自慢を聞いて楽しむ
 というのもまたいいものだよ?
 君だって、自分の群れを自慢したい
 気分はわかるだろう?
クリムゾンバウ[/話す]:
 あー、まぁ……。
 ここの経理もそうだよな……。
 人ってのは、自分の好きな事は他人も
 興味がある事だと思いたがるよな。
 ……アタシもその辺やらかしたこと
 何度かあるから、わかるわ……。
△△[/話す]:
 幸いにも、この私はその手の惚気や
 自慢話を聞くのも割と好きでね。
 もちろん、自分のコレクションを集めて
 鑑賞する方が好きではあるけれど。
リヴァイアサン[/話す]:
 なので、こうやってお互いに時々は
 コレクションの自慢をしあっている、
 というわけ。
クリムゾンバウ[/話す]:
 ……なるほどな。
 アタシはその思考あまりないかな。
 シナモンじゃないけどさ、大事な物は
 ため込んで隠しちまう。
 ……そういえば、
 ○○はどうなんだ?
リヴァイアサン[/話す]:
 それは、私も気になるね。
 ため込むタイプなのかな?
△△[/話す]:
 それはだね……いや、それは私だけが
 知っている秘密、としようかな。
 もちろん、本人が教えるならば
 止めはしないけど……ね。

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イシス[/話す]:
 改めて、いらっしゃいませ♪
 △△お姉ちゃんも
 一緒ね。
 熱心に教えてくれてうれしいな♪
△△[/話す]:
 なに、構わないよ。
 知識を披露するのは嫌いではないし、
 それが誰かの役に立つなら幸いだね。
バルーンピッグー[/話す]:
 ううん……また難しいおはなしかぁ。
 あの二人のお話、わかんないよぅ……。
 ○○さんは、ウチを
 置き去りにしないでくれるよねぇ~?
イシス[/話す]:
 ピッグーちゃんごめんね、次元断層に
 関わる知識は重要なものだし、
 オリヴィアお姉ちゃんの研究の
 お手伝いもしてあげたいから……ね。
△△[/話す]:
 さて、前は何を話したのだったかな。
 次元の潮目に関することだったか……
 そういえば、あのぬいぐるみはまだ
 手元にあるのかな?
イシス[/話す]:
 ええ、ありますよ。
 大事な物だもん、ちょっと子供っぽい
 かもしれないけど、手放せないの……。
△△[/話す]:
 (じー……)
 うん、いい……。
イシス[/話す]:
 それで、この前気になっていた
 周期的な変化のことなんだけど……
△△[/話す]:
 (じー……)
 あのまるっとした形状、手触り、
 やはりこれはぜひとも……
イシス[/話す]:
 △△お姉ちゃん、
 聞いてる?
△△[/話す]:
 あ、いやこれは失礼したね。
 ちょっと考え事をしていた。
イシス[/話す]:
 仕方ないなぁ……。
バルーンピッグー[/話す]:
 ……ねぇ、ちょっといいかなぁ。
 ○○さんの相棒、
 もしかしたらイシスのぬいぐるみを
 ずっとロックオンしてるような気が
 するんだけどぉ~?
△△[/話す]:
 (じー……)
 うん、いい……。
バルーンピッグー[/話す]:
 な、何かあったら
 ○○さんが何とかして
 リヴァイアサンを止めてよぉ?
 お願いだからね?

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 やぁやぁ、お邪魔するよ。
 さっそくではあるけど、本題に入ろう。
 あ、お茶があると嬉しいな、お茶請けは
 持参してきたから、みんなで食べよう。
フォックストロットB3[/話す]:
 この薄皮のやわらかいお菓子は一体。
 ……まずは、お茶を用意しますから
 自分抜きでも本題とやらを進めては
 いただけますでしょうか。
イザナミ[/話す]:
 饅頭、ですか。
 こちらにも存在するのですね。
 ああ、これはいいものです。
 ささ、主様もどうぞ。
△△[/話す]:
 落ち着いたところで改めて、私達以外に
 次元断層を作り出したり出現を予想して
 次元渡りをする神魔と言うのは、現在
 まだ見つかってはいないよね。
イザナミ[/話す]:
 さあ?妾以外にそのような特技を
 持つ者がいるとは思ってもいません
 でしたが……。
△△[/話す]:
 この世界には、かなり多く神魔がいる。
 そのほとんどは、自力での次元移動は
 出来ない神魔たちだよね。
フォックストロットB3[/話す]:
 (ふむふむ……あ、あれなら……。
  いやいや、そうでもないか……)
イザナミ[/話す]:
 確かに。今までにいくつかの世界を
 渡りましたが、これほどまでに神魔が
 多く集まった場所など、見たことも
 有りませんでした。
△△[/話す]:
 そうなんだ、もしかしたらこれに……。
 ところで、さっきから気になってたけど
 フォックストロットはなんでドリルと
 私を交互に見つめているんだい?
フォックストロットB3[/話す]:
 へっ!?
 あっ、あ、その。
 リヴァイアサン殿の外殻は
 非常に固く守りに長けているという
 話を伺っていたので、自分のドリルで
 はたして貫けるものかなと……。
△△[/話す]:
 おっと、剣呑だなぁ。
 私はそういう実験企画はあんまり
 好きじゃないんだ、自分が当事者になる
 ものは特にね。
 
 ……それにしても、ドリル?
フォックストロットB3[/話す]:
 ええ、自分の自慢であります!
 物理的な物であれば、貫けない物はない
 と自負したいところではありますね。
 気合いとか根性とかその辺りで。

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
やぁ、お疲れ様。
いい天気だね、こういう時は……。
ケルベロス[/話す]:
時は?
◯◯さんは
ここに続く単語はわかります?
ポイズンシェル[/話す]:
……簡単な推理だよ。
リヴァイアサンさんの
こういう時といえば
海だよ海。
△△[/話す]:
その通り、泳ぎに行きたいんだよ。
この世界は海に出れないのが難点だね。
ケルベロス[/話す]:
この世界はこの世界なりのルールが
あるのでしょうから……珍しいとは
思いますけどね。
それにしてもなんでこの天気と海に
関係があるんですか?
ポイズンシェル[/話す]:
あたし達が海の生き物だからだよ。
タイタニア世界に戻ればなくはない……。
んだけどさ、マーメイドたちが
人間と見るや追い払われちゃうから
結果は変わらないわけ。
△△[/話す]:
◯◯ちゃんにも
改めて伝えておこう。
私は泳ぎたい!
ポイズンシェル[/話す]:
泳ぎたーい。
ケルベロス[/話す]:
えっと……私は犬かきくらいしか
出来ないですけどがんばります!
私も泳ぎたいです!
けー[/話す]:
(待て、奴らに乗せられてはいかん。
 ケルベロスの誇りをだな……)
ろー[/話す]:
(いいじゃないたまには。
  水浴びくらいするものよー♪)
ケルベロス[/話す]:
泳ぎたーいですっ!

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

バフォメット[/話す]:
あら、楽しそうね、
△△、
今日もスペルキャスターに
同行を頼みに来たのかしら?
△△[/話す]:
◯◯ちゃんには、
この前説明していたかもしれないけど
スペルキャスターには才能があるんだ。
そう、私のコレクションにふさわしい
逸品を見つける目利きの才能が。
スペルキャスター[/話す]:
え、と。
めきき……良くわからないけど、
こういうの、好きかなって思うと
大体あってるだけ……かも。
△△[/話す]:
いやぁ、おかげさまで捗るのなんの
この前もなかなかの大きな出物が……。
スペルキャスター[/話す]:
あ……リーちゃん、
それは秘密って、言って……なかった?
バフォメット[/話す]:
あら、それは大変ね♪
◯◯としても
気になることだと思うんだけど、
私からも一つ聞いていいかしら?
△△[/話す]:
あー、うん。
なにか怖いものを感じるけれど、
話題を変えられるなら応じようかな。
バフォメット[/話す]:
スペルキャスターの荷物の中に
△△のコレクションの
一部が混じっているような気がするのは
私の気のせいかしら……?
スペルキャスター[/話す]:
何も言わないから、気が付いてないと
思ってた……。
△△[/話す]:
いや、ほら。
何というのかな、これは……。
もしかして……。
スペルキャスター[/話す]:
ピンチかも……。
△△[/話す]:
ほ、ほら、みんなにも芸術に親しんで
感性を豊かにしてもらうべく、
私は無償の提供をだね?
バフォメット[/話す]:
ホワイトファングに報告かしらね~♪
△△[/話す]:
そっちは向こうの私のだから……。
いやでもそれももったいない……!

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

イシス装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 あれあれ、どうしたのかな?
 アスモデウスお姉ちゃん、何か悪い
 事をしてホワイトファングお姉ちゃんを
 困らせちゃったりしてるの?
アスモデウス[/話す]:
 ふっ……この大悪魔アスモデウス、
 腐ってもそのような事は致しませんわ。
 あれ、でも悪魔である以上、少しは
 悪事を働いた方がいいのかしら?
△△[/話す]:
 ううん、大丈夫。
 いい子は悪いことしないから、
 今のままでいいのよ?
 
 で、一体何に困ってるのかな。
 よかったら、聞かせてくれない?
ホワイトファング[/話す]:
 ○○さんと
 △△に愚痴を言う
 ようなことではないのですけど……
ホワイトファング[/話す]:
 アスモデウスと一緒にいると、
 常に目上に扱われて、判断を仰がれて、
 偉い人であるかのように言われて
 何とも言えない疲れが……
 わたしだって、自分では判断できない
 事や指示を仰ぎたくなることだって
 あるんです。それなのに……
アスモデウス[/話す]:
 でも、今ここで私が傲岸不遜な態度を
 とってしまうと今まで築き上げた
 やわらか悪魔のイメージが崩れますし、
 そもそも私に責任能力などないのは
 知ってのとおりですわ!?
ホワイトファング[/話す]:
 わかってます、わかってますけど、
 その……たまにはがおーって吠えたく
 なるときもあるんですよ。
△△[/話す]:
 うんうん、ホワイトファングお姉ちゃん
 すっごく真面目だもんね。
 ○○もお姉ちゃんも
 褒めてたもん、自信持っていいのよ?

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ[/話す]:
 あら、いらっしゃい。
 ルールに従った来訪をする以上、
 客人として歓迎するわよ?
△△[/話す]:
 ええ、お邪魔しますね。
 シナモンお姉ちゃんにも、はい♪
 お土産は二人で分けてね。
シナモン[/話す]:
 わぁ、ありがとう♪
 △△ちゃんも、
 ○○ちゃんとの
 コンビが板についてきたね♪
シナモン[/話す]:
 そういえば……ワルキューレさんと
 △△ちゃんは、
 元いたところは同じ世界……だよね?
△△[/話す]:
 多分、そうじゃないかな?
ワルキューレ[/話す]:
 確証はないのだけれどね。
シナモン[/話す]:
 という事は、二人は元の世界では
 知り合いだったりはしなかったの?
 アスモデウスちゃんは、ご近所さんの
 気配がどこかからするって言って
 いたのだけど……。
シナモン[/話す]:
 あと、リヴァイアちゃんの事は
 遠い親戚みたいに言ってたね。
ワルキューレ[/話す]:
 多分勘違いよ、それ。
 まぁ、敢えて指摘するほどのことでも
 ないのだろうけど。
△△[/話す]:
 絶対に会ったことがないかと言われると
 確証はないけど、多分向こうで会った
 事はない……よね。
 あっちの世界だって、この世界と同じ
 程度には広いわけだし。
ワルキューレ[/話す]:
 こっちで会ったことで、かえって平和に
 話が進んだかもしれないわけだし。
 良い悪いはともかく、現状を否定する
 つもりは今の所ないわね。
シナモン[/話す]:
 ワルキューレさん、言い方が怖いから
 色々と誤解されちゃうんだよ、もう。
 でも、せっかくここで会えたんだから
 あらためてここでお友達になれば
 いいんだよね?
 ○○ちゃんとボクが
 見届け人になるからさ♪
△△[/話す]:
 別に、争っていたわけではないから
 そこまで気にしなくてもいいけど……
 うん、シナモンお姉ちゃんは優しいから
 色々と気を使ってくれてるんだよね。
 ありがとう♪
ワルキューレ[/話す]:
 で、その友好関係には相互にどんな
 利益があるのかしら?
シナモン[/話す]:
 もー、そういうことじゃなくて……。
 いや、そういう面もあるんだけど、
 それだけじゃなくてね、その。
ワルキューレ[/話す]:
 はぁ、シナモンは本当に愚直ね。
 もう少し狡くなりなさいな。
△△[/話す]:
 (ねえねえ、もしかして
 ワルキューレお姉ちゃん、
 シナモンお姉ちゃんの事ちゃんと
 気にしてあげてるみたいだね……)
ワルキューレ[/話す]:
 ……何ニヤニヤしてるの?
 ころ……浄化されたいの?

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

サイクロプス[/話す]:
 いらっしゃーい!
 あ、そうだ。ねえねえ、師匠と
 △△はどっちが強いの?
 素直に師匠の方が強そうだけど。
△△[/話す]:
 わたしは争い事は苦手だから、
 ヤタガラスお兄ちゃんの方が
 強いと思うよ?
 この意見はみんな共通だと思うけど……。
ヤタガラス[/話す]:
 ふむ、簡単なようで難しい質問だな。
△△[/話す]:
 えっ?
ヤタガラス[/話す]:
 そもそも、戦って勝つことだけが強さ、
 というのであれば俺だろうさ。
 サイクロプスも、俺も、おそらくは
 ○○も
 冒険者である以上
 戦う力を高めることを否定はしまい。
サイクロプス[/話す]:
 うん、あたしはもっと強くなりたい!
 あ、でも可愛くもなりたい……。
ヤタガラス[/話す]:
 フッ……。
 可愛いというのは、強さの一つでは
 無いと言い切れるのか?
△△[/話す]:
 えっ?
 ○○お姉ちゃん、
 正直何を言われているのかがいまいち
 わからないんだけど……?
 無いと言い切れるのか?
サイクロプス[/話す]:
 可愛いのは、強いの?
ヤタガラス[/話す]:
 ああ、時に強いかもしれん。
 さて、強くなる目的はなんだと思う?
 △△、それに
 ○○よ。
△△[/話す]:
 えっと……何か危険があった時に
 自分と大事な人たちを守るため、かな?
サイクロプス[/話す]:
 △△は優しいねー♪
 あたし、そういう考えも好き!
ヤタガラス[/話す]:
 さて、それははたして
 「負けない」ことなのか、それとも
 「勝つ」ことなのか、どちらだろうか?
ヤタガラス[/話す]:
 勝つ事を目的とした場合、実の所
 武力で勝てる戦いというのは、
 たいして多いわけではないのだぞ?
サイクロプス[/話す]:
 えっ?
 そうなの!?
ヤタガラス[/話す]:
 子供たちの注目を集め、他人よりも
 恰好良いと見惚れさせること。
 学力の試験で高得点を取り、
 集団内で一番良い成績を取る事。
 山と積まれた菓子をライバルより
 一秒でも早く食べきる事。
ヤタガラス[/話す]:
 どれもこれも、勝ち負けが決まる
 事ではあるが武力ではかたが付かん。
サイクロプス[/話す]:
 ほんとだーっ!?
 師匠、あたまいい……!
サイクロプス[/話す]:
 つまり、師匠とは違うところで
 △△は強いかもしれない
 ……ってことなのかなぁ。
△△[/話す]:
 あはは……そう持ち上げられると、
 なんだかこそばゆいかも。でも……
 ○○お姉ちゃんに
 とっていいパートナーになれたら
 勝ち、かな?

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔しまーす……って、あれ?
 どうしたの?
クリムゾンバウ[/話す]:
 だーかーらー、いい加減このガラクタ
 片づけろっていってるだろ!?
 客が来ても足の踏み場もないじゃないか!
リヴァイアサン[/話す]:
 とは言っても、これがなかなか難しい
 問題でね。一つ一つがその特異な空間を
 持っているわけで、つまり動かすのが
 面倒なことに……。
クリムゾンバウ[/話す]:
 おう、オマエ達すまないけど
 待っててくれよな。今すぐこの辺
 キレーに片付っからさ。
リヴァイアサン[/話す]:
 いや、ちょっと待ってくれないかな。
 クリムゾンバウ、話し合おうよ。
 もうちょっと空間の利用の有意義さに
 ついて我々は……
クリムゾンバウ[/話す]:
 今ここにいる客どーすんだっての!?
 このコレクションだか何だか、すぐに
 片付けねーと外出中に全部捨てるぞ?
リヴァイアサン[/話す]:
 いやいやいやいや。
 まぁまぁまぁまぁ。
△△[/話す]:
 あー……うん。
 何となく状況はわかったね。
リヴァイアサン[/話す]:
 このように恐ろしい相棒によって
 私の大事なコレクションは大変な
 ピンチに陥っているんだよ。
 ○○ちゃん、
 △△、この哀れな
 神魔を助けてはくれないかい?
クリムゾンバウ[/話す]:
 あっ、オマエなんでわざわざ客に
 助けを求めてんだよ。
 客の座る場所もないからアタシが
 片付けるって言ってるのに。
△△[/話す]:
 うーん、確かに、勝手にコレクションを
 増やしちゃうのはよくないよね。
リヴァイアサン[/話す]:
 わかってはいるのだけれど、
 保護しなくてはと思うとつい、ね……。
△△[/話す]:
 お片付けもしないとダメだよね?
リヴァイアサン[/話す]:
 わかってはいるのだけれど……。
△△[/話す]:
 仕方ないよね、貴方にとっては
 どれも大事なものなんだよね。
クリムゾンバウ[/話す]:
 あっ、これダメなパターンだ……。
△△[/話す]:
 わたしもお手伝いするから、一緒に
 お片付けしようね、ね?
リヴァイアサン[/話す]:
 もう一声、そこを何とか
 もう一声優しい方向に……!

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

イザナミ装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

アスモデウス[/話す]:
 ようこそおいでくださいました、
 ○○様、
 さぁご命令を!
 △△、ようこそですわ、
 ゆっくりしておいきなさいな。
△△[/話す]:
 ええ、お言葉に甘えるとしましょう。
 やはり、アスモデウスの所は
 落ち着きますね。
ホワイトファング[/話す]:
 あのアスモデウスに、タメ口を使う
 相手が……しかも、それがあの
 △△……。
 これは、一体……?
△△[/話す]:
 別に驚くようなことではないでしょう。
 互いにそれで良しとしたならば、
 他者がどうこう言うものでもなし。
 違いますか?
ホワイトファング[/話す]:
 なにもおかしくありません。
 なにもおかしくない……からこそ、
 おかしい……と、感じるのは
 わたしだけなのでしょうか。
 ○○は、どうです?
アスモデウス[/話す]:
 △△と私は
 いわば共通の利益を持つ仲間。
 これくらいなんでもありませんわ!
 あ、もちろんホワイトファングとの
 関係は変わりませんから、今まで通り
 ちゃんと命令を待っていますわよ?
△△[/話す]:
 多人数の関係はややこしい物です。
 ならば、いっそのこと自分と直接に
 関わる相手の事以外は考えない、
 と言うのも一つの在り方です。
 もちろん、できるとは限りませんが。
ホワイトファング[/話す]:
 群れの中で生きてきたわたしには、
 その考え方はちょっと理解できない
 部分がありますね……。
 そして、その状態で特に悩むことなく
 元気でいられるアスモデウスの事も
 わからなくなってきました……。

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ[/話す]:
 あら、私の獲物にまとわりついている
 お邪魔虫も一緒に来たのね?
 その体は譲る気はないわよ?
△△[/話す]:
 主の体は主の物であり、我が伴侶である
 以上、半分は妾の物でもあります。
 邪魔をするというならば、容赦をする
 必要もありませんね。

イザナミ[/構える]モーション

ワルキューレ[/ほくそ笑む]:
 いい顔ね。命乞いをさせたくなるわ。
△△[-]:
 ○○様、消滅させても
 よろしいでしょうか?

ワルキューレ[/戦闘待機]モーション

シナモン[/話す]:
 ねー、仲良しなのはいいけどさー。
 物騒だし周囲が怖がるからやめなよー。
 誰も得しないしさー。
△△[-]:
 シナモン、では聞きますがここで止めて
 わだかまり以外の何が残りますか?
ワルキューレ[-]:
 あら、奇遇ね♪
 白黒つけておいた方が何かと楽だって
 お互いわかってはいるのよね?
シナモン[/話す]:
 ボクの事や周囲の迷惑については
 二人ともあまり気にしないだろうけど、
 ○○ちゃんからの視線が
 一層冷たくなると思うよー?
 
 そうだよね?
 ○○ちゃん♪
△△[/話す]:
 むっ、それは……。

ワルキューレ[/待機]モーション

ワルキューレ[/話す]:
 あら、シナモンもそういう話し方が
 出来るようになってきたのね。
 いい傾向よ?
△△[/話す]:
 ワルキューレ、たぶん違いますよ。
 この娘はもともとそういう子で、
 腹の中に何かほの暗い物を抱えている。
 普段は敢えて明るく振る舞っている、
 という事なのでしょうね。
ワルキューレ[/話す]:
 抱えてる物は実際に見ているもの、
 よーく知っているわ。
 ……まぁ、まだ甘い所はあるけど、
 △△の弱みも見えたし、
 今日はシナモンの顔を立ててあげる♪

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス[/話す]:
 おお、よく来た……む、よく来られたと
 言った方が良いかな。
 所詮、この姿はかりそめの身、主筋の
 上のお方を迎える場でもあるが……
 黒に染まりし我とて、しがらみはある。
△△[/話す]:
 気にすることはありません、ここは
 妾たちの元いた場所とは無縁。
 ……それにしても、ヤタガラスは
 ずいぶんこちらの流儀になじんだ様子。
サイクロプス[/話す]:
 師匠、かっこいいよねー!
 あのダンスもアタシ好きだよ!
△△[/話す]:
 ダンス……舞の事でしたね。
 それとも、こちらの舞は何か違うもので
 あったりするのでしょうか?
ヤタガラス[/話す]:
 ダンスと舞は多少違う、と言える。
 ダンスは舞踏とも言われ、足さばきや
 飛び跳ねる事、リズムに乗ることが
 重視される。そして、舞踊とも呼ばれる
 舞は足よりも腕の動きが重視され、
 様々な表現を行う事があるな。
サイクロプス[/話す]:
 へーっ、早いのとゆっくりなの
 ……って感じかな?
ヤタガラス[/話す]:
 ああ、とはいえ明確な区別と言うわけ
 でもなく、長所を取り込み合ったものも
 存在しているだろう。
 どちらが優れているという事ではなく、
 表現に差があるだけだ。
△△[/話す]:
 妾は舞踊を奉納されるのを好みますが、
 舞踏を嫌っているわけでもありません。
 そういえば……ヤタガラスの舞は、
 妾が知るそれよりも随分と派手に
 アレンジが加わっていますね?
ヤタガラス[/話す]:
 うむ、まさにこれぞ世界融和の舞踊。
 では一差し奉納するとしようか。
サイクロプス[/話す]:
 あたしも踊るー!

ヤタガラス[/導きたまえ]モーション、サイクロプス[/踊り]モーション

△△[/話す]:
 ……ふふ、このような歓待を受けるのも
 久しぶりです。
 ともに楽しむ、と言うことは形式の中
 忘れられがちですが、この二人はそれを
 無くしてはいないようですね。
 ……自覚はないかもしれませんが。

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

クリムゾンバウ[/話す]:
 おう、客だ。
 ……茶くらいは出すよ、とりあえず
 リヴァイア姐さんが待ってるから
 そっちの相手してやってくれよ。
△△[/話す]:
 いい勘してるわね、あの娘。
 決して妾の攻撃可能な距離に入って
 こようとはしない辺り、無意識に
 身を守っているようですね。
リヴァイアサン[/話す]:
 物騒な事は避けるのが一番、いい傾向
 だとは思うけどね……でもあの子は
 いずれ血が騒ぐと思うよ。
 逃げてばかりで我慢できる子でもない。
リヴァイアサン[/話す]:
 さて、それはそうとして、せっかく
 次元を旅するものが出会ったんだ。
 ○○ちゃんと言う
 聴衆もいてくれるし、色々と話を
 聞かせてもらいたくってね。
△△[/話す]:
 御主も物好きですね。
 まぁ構いませんが。
クリムゾンバウ[/話す]:
 そういや、二人ともいろんな世界に
 旅したことがあるんだろ?
 他にも物質がある世界ってあったのか?
リヴァイアサン[/話す]:
 無くはなかったね。
△△[/話す]:
 ええ、ただ、この世界よりも広く
 豊かな世界と言うのは、今の所
 見たことはありませんね。
 ○○様にも
 会えましたし。
リヴァイアサン[/話す]:
 まったくだね。
 だだっ広いけど何もなかったり、
 生命の痕跡だけあったけど誰もいない
 廃墟みたいなところだったり……。
 この世界は正直居心地はいいよ、
 危ういところも多いけどね。
クリムゾンバウ[/話す]:
 なんだよ、他所の世界ってのも
 楽じゃないんだな……。
 どっか楽にのんびり過ごせるところが
 あるなら、そこに移住するのもありかと
 思ってたんだけど……。
△△[/話す]:
 足ることを知る、という事ですね。
 隣の花は青いように見えて、その実
 花ですらなかった……という事も
 多いのです。
リヴァイアサン[/話す]:
 私が言うことじゃないけどさ、
 青い鳥は実は自分の家に居ました、
 なんてことは結構あるわけだよ。
 特に、君たちはこの世界で生まれた
 わけだからね。
クリムゾンバウ[/話す]:
 異世界ってのも、案外夢の無い
 ところなのかなー……。
 ま、しゃーねえか。
 アタシたちは運が良かったって
 事で納得しとこうかね?

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イシス[/話す]:
 ○○お姉ちゃん、
 △△お姉ちゃん、
 いらっしゃい♪

バルーンピッグー[/話す]モーション

△△[/話す]:
 ああ、やはりイシスは可愛いですね。
 ○○様と
 妾の子に……、養子として
 迎え入れるべきでは。
バルーンピッグー[/話す]:
 えっ、ええ~っ!?
 い、イシスが子供になっちゃうのぉ~?
イシス[/話す]:
 えっと、多分わたしは
 ピッグーちゃんより
 年下だと思うの……。

イシス[/*汗1]エモーション

バルーンピッグー[/話す]:
 う、確かに……。
 でも、なんかイシスを取られたみたいで
 ちょっともにょもにょする~!
イシス[/話す]:
 もう……ピッグーちゃんは背が高いのに
 そういう所は子供なんだから……、
 ふふ、でも仕方ないよね。
 わたしのことを大切に思って
 くれてるのはわかるもん。
△△[/話す]:
 ふむ、ならば二人揃って養子になれば
 何の問題もないでしょう。
 背の高い娘がいるのも一興です。
バルーンピッグー[/話す]:
 わ、わ~♪
 それならいいかもぉ~。
 あ、でもでも、じつはぁ~……。
△△[/話す]:
 なんですか?
 何か他にも注文があるようですが。
バルーンピッグー[/話す]:
 ウチ、どうせならイシスの子供が
 いいかなぁって……。
イシス[/話す]:
 えっ!?
 それってどうなるの……?
△△[/話す]:
 一門繁栄ですね、我が伴侶よ。
 既に孫まで出来てしまうとは……。
 この世界、やはり面白いところです。
イシス[/話す]:
 それはなにか違うと思うけど……。
 まぁ、仕方ないかな?

イシス[/*汗1]エモーション

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

イザナミ[/照れる]:
 △△よ、
 ○○様のご様子は?
 見るからにお元気そうではありますが。
△△[/話す]:
 ○○様は息災です。
 妾が付いているのです、何が起きる
 わけもありませんが……警戒は怠らず。
イザナミ[/照れる]:
 ああ、いつみても素敵なお姿。
 お会いするたびに惚れ直します……。
△△[/話す]:
 妾が見初めたお方ですから。
 当然ではありますが……その心は
 妾にもよく理解できます。
イザナミ[/話す]:
 御主がもう一人の妾でなければ、
 この場で切り捨てているところです。
△△[/話す]:
 立場が逆なら、妾もそうなるでしょう。
 ○○様は
 罪なお方……。
フォックストロットB3[/話す]:
 イザナミ殿たちは、自分が知る限り
 婿を探しているとは言っていましたが、
 コマンダーに会うまでは
 もう少し周囲に気を使える方だった
 ように思います。
フォックストロットB3[/話す]:
 そういう意味では、まことに……。
 ○○殿は罪作りな
 お方であると言えますね……。
 何が悪いというと……運、でしょうか。
イザナミ[/話す]:
 ○○様の運勢が?
 これはいけません、加持祈祷を行い
 運勢の好転を強制しましょう!
△△[/話す]:
 その通り、運命など無理やりにでも
 捻じ曲げて見せましょう!

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 二人とも控えなさい、妾の主である
 ○○様が
 お越しです。
ケルベロス[/話す]:
 いらっしゃいませ、歓迎しますよ♪
 なんていっても、実際の所は
 私も間借り中の身ですけど。
ポイズンジェル[/話す]:
 いらっしゃい。
 ま、邪魔はしないよ。
△△[/話す]:
 ここは良い所ですね……。
 そうです、知恵を借りたかったのです。
 ポイズンジェル、良いですか?
ポイズンジェル[/話す]:
 え、あたし?
 知恵貸せって言われれば貸すけどさ。
 なんか面倒事じゃないよね?
ケルベロス[/話す]:
 で、ご相談ってなんなんでしょう?
 ○○さんとの
 生活に何か問題でもありましたか?
 防犯とか戸締りとか。
ポイズンジェル[/話す]:
 ……あ、そっちか。
 凄い所に切り込んだなって思ったら……。
△△[/話す]:
 防犯……近いですね。
 ○○様を狙う輩は
 ことのほか多いのです。たとえば
 ワルキューレとかが筆頭ですが。
ポイズンジェル[/話す]:
 わー、凄い具体的。
△△[/話す]:
 このかんぱにー内にあの雌狐の届かぬ
 安全な場所を……と思ったのですが、
 妾にはそういう知恵は不足しています。
 故に、助言を求めたいのです。
ポイズンジェル[/話す]:
 えっと~。うん……あ、そうだね。
 少しきついこというけど、キミはもっと
 ○○ちゃんを信用して
 あげるべきだと思うよ?
△△[/話す]:
 ……!
ポイズンジェル[/話す]:
 キミの信じてる人はそんなに
 弱くないでしょ?
 信じてどんと構えるのもいい手だよ。
ポイズンジェル[/話す]:
 ……うん。
 (なんか納得したっぽい。良かった。
 これ以上責任とれないよ?)

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔いたします。
 ○○様と
 妾に何か飲み物をいただけますか?
バフォメット[/話す]:
 あら~ちょっと待っててね。
 スペルキャスター、
 お願いできるかしら?
スペルキャスター[/話す]:
 えと、お水と……お茶、と、紅茶と
 こーひー……が、あるけど。
 どれが好き?
△△[/話す]:
 ○○様は何を?
 妾も同じ物をお願いできますか、
 スペルキャスター。
 まだ小さいのに、偉いですよ。
スペルキャスター[/話す]:
 うん、お手伝いする……はい。
△△[/話す]:
 スペルキャスターはこんなにも
 いじらしいというのに、そこの
 御主ときたら……。
バフォメット[/話す]:
 ○○、パンが
 焼けたわよ、はい、あ~ん♪
△△[/構える]:
 ○○様から離れよ!
バフォメット[/話す]:
 あら、そんな怖い顔しないで、
 別に貴女だけのものじゃないでしょ?
 必要なら、シェアしましょうよ?
 それに怖い顔をすると
 スペルキャスターが怖がるわ。
スペルキャスター[/話す]:
 あの……ケンカは、やだよ?
△△[/話す]:
 喧嘩ではありませんよ、これは
 警告ですから、安心しなさい、
 スペルキャスター。
△△[/話す]:
 ……バフォメット、やはり危険です。
 スペルキャスターは良い子なのに、
 あの二人を一緒にしておくのは
 危険なのでは……?
バフォメット[/話す]:
 警戒されてるわね。
 私としては仲良くしたいのだけど。

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 カグヤ、お疲れ様です。
 ……モックー、どうしました?
モックー[/話す]:
 ねえ、△△は
 刀でシュッ!ってやるの得意だよね?
 あれ、教えてほしんだー!
 ね、お願い!お願いだよー!
カグヤ[/話す]:
 ようこそ、○○さん、
 △△さん。
 モックーはどうやら自分の武器で
 真似をしてみたくなったみたいで……。
△△[/話す]:
 チェーンソー、と言いましたか。
 それは武具ではなく工具です。
 故に、向いていないとしか言いようが
 有りません。諦めなさい。
モックー[/話す]:
 そこを何とかならない?
 神魔っていう奴のすごいパワーでさぁ。
 ねーししょーおねがいー。
 アタシもデヤーとかシュッ!って
 一刀両断~ってしたいー♪
△△[/話す]:
 強くなりたい気持ちに純も不純も
 有りませんが、もし覚えたとて
 ろくな結果にならないのは目に見えて
 いますね……さて、どうしたものか。
カグヤ[/話す]:
 形だけでも教えてあげては
 いかがでしょうか?
 63%の確率で、途中で飽きてしまう
 と思われますが。
モックー[/話す]:
 そっ、そんなことは……。
 無くはないけど、その、ほら、アタシ
 やればできる子なんだよ?
 ○○も、
 こういう時にアタシをフォローして
 点数稼ごうよ?
△△[/話す]:
 何の点数でしょうか、それは?

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 二人とも、お疲れ様です。
  変わりはありませんか?
ワイルドドラゴ[/話す]:
 ええ、今の所大事もなく。
  時に△△殿、
  改めて、一手お願いできますか。
  ◯◯様ならず、
  その太刀筋、達人の域とお見受けした。
リリム[/話す]:
 えっ、そうなの?
  △△ってオトナな
  感じの女性だから、ちょっといいなって
  思ってはいたけど、そっちでも
  強いの?
△△[/話す]:
 ふむ……相変わらずではありますが、
  常に正面から挑むその姿勢、
  嫌いではありません。いいでしょう。
  ただ、この場では迷惑がかかります故
  後ほど、場所を移してであれば。
  ◯◯様、それでよろしいですか?
リリム[/話す]:
 △△は、
  ◯◯には
  そっこんだね。
  まぁ、大人の女性としてはそれくらい
  当たり前って感じ?
  応援するわよー♪
△△[/話す]:
 リリム、言葉遣いはもう少し気を遣う
  方が良いですよ?
  とはいえ、褒められて嫌なことなど
  あるわけもありませんが……。
リリム[/話す]:
 私もセクシーさとか、そういう所では
  割と自信ある方なんだけどさ。
  艶っていうの?
  そういう大人の色気だと、流石に
  まだかなわないなぁって。
  でも、いずれ追いつくんだから。
  そうよね、ワイルドドラゴ?
ワイルドドラゴ[/話す]:
 えっ?
  いや、私は色気を学ぶ気は特に……。
  こら、リリム。何故化粧箱を
  持ち出すんだ!?

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お疲れ様です、息災で何より。
  ゴーチン、今日はもう手合わせは
  いたしませんよ?
麒麟[/話す]:
  ん、何かあったん?
  そういや、この前のされて帰って
  きた事があったなぁ……。
ゴーチン[/話す]:
 ああ、あれは参った。
  勝てないとは思っちゃいたけど、
  あそこまで一歩的にやられるとは
  思ってなかったからな。
ゴーチン[/話す]:
 △△さんは強いのは
  分かっちゃいたんだけど、どう戦うのか
  一度でいいから知っておきたくてね。
  いやぁ、負けた負けた。
麒麟[/話す]:
 後腐れないならええけどね。
  難儀な性分やねぇ戦士ってのは。
△△[/話す]:
 クリムゾンバウといい、ゴーチンといい
  どうもその類いの者を引き寄せてしまう
  ようですね。
  修行を付けるのも悪くはありませんが、
  最低でもヤタガラスと互角に戦えないと
  妾に届くとは思わないことです。
ゴーチン[/話す]:
 ヤタガラスか……実際に
  強いだろうと思うんだが、なんでか
  やりあいたいとは思わないな。
  ……本当に強いのかあいつ?
麒麟[/話す]:
 無駄な争いを呼ばないという事に
  関しては、少なくとも
  △△よりは
  上手なんやろなぁ。
  あれは演技ではなく素に見えるんよ。
△△[/話す]:
 ◯◯様も
  そうですね。
  妾もそうありたいとはおもうのですが、
  なかなかその高みには届きません。
  これからもお傍らにいて、学ばせて
  いただきく存じます。
麒麟[/話す]:
 おっと、惚気のアテにされてもた。
  ま、一途なのはええこっちゃなぁ。

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
コッコー、頼んでいた例の件は
どうなってますか?
バハムート[/話す]:
つまらんことを企む奴め。
コッコーに我やワルキューレの事を
調べるように頼むなど、まさに愚か者の
所業ではないか?
我はすべてお見通しだぞ?
コッコー[/話す]:
あ、はい♪
頼まれたことは調べてありますよー。
同じことはバハムートさんからも、
ワルキューレさんからも頼まれて
いますので、お構いなくです♪
△△[/話す]:
……。
バハムート[/話す]:
……。
△△[/話す]:
成程、愚か者の所業、と。
……否定はできませんね。
コッコー[/話す]:
ええとですね、実は二人とも……。
△△[/話す]:
言わなくて構いません!
バハムート[/話す]:
しばし口を閉じよ!
バハムート[/話す]:
……それはともかく、だ。
◯◯を狙うのは
貴様も同じだろう。
どうせ最後は貴様ら含めて全て
我が物となるのだ、ならばもろともに
我の元に集えばよいではないか?
△△[/話す]:
交渉は決裂という事ですね?
では、お覚悟を。

 (モーション:構える)

コッコー[/話す]:
◯◯さん、
人気がおありなんですね……。
あと、バフォメットさんから
「疲れたら逃げてきていいわよ」と、
こういう時に伝えて欲しいという
伝言が……

ケルベロス装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 遊びに来ましたよ!
 遊んでください、わんわんっ!
 ……いけませんね、ここに来ると
 つい自分を抑えきれないような。
アスモデウス[/話す]:
 待っていましたわ、
 我が忠犬としての分野での強敵よ
 ……わんわんですわっ!
 ○○様に対する
 忠誠心では負けませんわ。
 他の部分ではすぐ負けるとしても!
△△[/話す]:
 ○○さん、
 アスモデウスさんは凄いやる気です!
 凄い……私もがんばります!
ホワイトファング[/話す]:
 はぁ……
 何がどうしたらこんなことに
 なってしまったのでしょう……?
△△[/話す]:
 ○○さんも大事ですけど、
 ホワイトファングさんも先輩として
 同族っぽい人として頼りにしてます♪
アスモデウス[/話す]:
 そうですわ、ホワイトファングは
 日常生活や仕事で私に命令を出す
 重要な役目を持った相手。
 頼りまくりますわよ♪
ホワイトファング[/話す]:
 二人とも、いつもそんなことばかり……。
 わたしだって、たまには誰かに判断を
 ゆだねきってみたり甘えたりしたいんです。
アスモデウス[/話す]:
 なら、いっそ私と同じように
 ○○様の忠犬に……。
 あ、でも私より上役であることを
 忘れてはいけませんわよ?
△△[/話す]:
 いいじゃないですか♪
 私、応援しちゃいます!
 がんばれー、がんばれー♪
ホワイトファング[/話す]:
 えっ!? 
 い、いきなりそんなことを言われても
 ○○だって
 迷惑……。え、ええと、その……。
△△[/話す]:
 ○○さん、
 ホワイトファングさんを思いっきり
 甘やかしてあげるといいと思います!

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

バフォメット装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 ……というわけで、前置きは省くけど
 貴女達二人でユニットを組んでみない?
ホワイトファング[/話す]:
 え、どういうことですか?
アスモデウス[/話す]:
 ほーっほっほっほ、この最下層の大悪魔
 アスモデウスとまともにユニットを
 組むなど、到底無理ですわ!
 具体的にはホワイトファングから命令を
 もらわないと私が動けませんわ!
ホワイトファング[/話す]:
 組むとかどうかは別として、
 いいかげん自立してくださいっ!
△△[/話す]:
 ううん……惜しいわね。
 息はぴったりだと思うんだけど、
 ホワイトファングの心労がちょっと
 無視できないレベルになりそうね……。
アスモデウス[/話す]:
 そもそも、なんで急にユニットを
 組むことなんか提案するんですの?
 そこがまずわかりませんわ?
△△[/話す]:
 ほら、私がスペルキャスターちゃんを
 アイアンシティのアイドルにした時、
 結果的にスペルキャスターちゃんの
 望みとは違ったから失敗なんだけど、
 技術的には十分可能だったし……。
 自分と違う誰かの魅力を引き出し
 より輝ける舞台へと導く……それって
 自分が表舞台に立って崇拝されるより
 面白いかもしれないって……。
ホワイトファング[/話す]:
 そんな、劇団の座長じゃあるまいし
 どんな興業をうつというんですか!?
△△[/話す]:
 そうね……このかんぱにーには、
 様々な過去を持っている子もいるし、
 スペルキャスターちゃんだってそう。
 そんな子たちの物語を……まぁ、人に
 話せないことは言わないよう調整して、
 演劇にするのなんていいと思わない?
 当然、歌や踊りも添えて、
 音楽を一緒にして……なんか楽しそう♪
アスモデウス[/話す]:
 この大悪魔アスモデウス、
 背景の木の役、路傍の石の役、
 斬られる悪漢の役など一通り
 こなす自信がありましてよっ!?

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

カグヤ装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

リリム装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

麒麟装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

バハムート装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]

クロノス装備時 [edit]

アスモデウス&ホワイトファング・アルマと会話 [edit]

△△[/話す]:
 お邪魔します……アスモデウスは、
 ここに来た神魔の中では最も最初に
 来た一人……だったのよね?
ホワイトファング[/話す]:
 お疲れ様です、二人とも。
 ……そうですね、ずいぶん昔の事の
 ように思えますけれど、時間だけで言うと
 比較的最近……ではあります。
 リヴァイアサンが実は同時期に来ていた
 のが分かったのは、その後ですし。
アスモデウス[/話す]:
 あらかじめ他の神魔がいるという事が
 わかっていれば、最初から楽ができた
 と思うのですけれど……。
 来たばかりの頃は、とりあえず気さくに
 世界征服でもしておこうかなって。
△△[/話す]:
 気さくにって……スナック菓子を
 食べるみたいに簡単に言うけど、
 それって、もしや本気で考えてたの?
ホワイトファング[/話す]:
 アレは……本気でしたよね?
アスモデウス[/話す]:
 ええ、あの時はそう……この世界の事を
 何もわかっていなかった時。
 ぶつかると痛いとか、怒鳴られると
 怖いとか、そういう事を知らなかった
 黄金の時間……。
アスモデウス[/話す]:
 結局、元の場所とあんまり変わらない
 事に気づいたので華麗に転身しましたの。
 そう、世界の支配者候補から、世界に
 支配されるみんなの大悪魔として!
△△[/話す]:
 ……ああ、うん。
 ちょっと言ってることがわからないわ。
 何かすごいことを聞いたような気がする
 けれど、理解を拒むって言うか。
ホワイトファング[/話す]:
 心中お察しします。
 わたしもそうでしたので。
△△[/話す]:
 ふふ……私以外の神魔の皆も、色々な
 事を経験してここにいるんだな。
 なんだか……訳のわからない事ばかり
 ではあるけれど、安心した。
ホワイトファング[/話す]:
 ……そうですね。
 わたし達アルマも、みんな大小
 さまざまな事件を起こしながら
 人間の世界に入ってきたんだと
 思います。
ホワイトファング[/話す]:
 わたしも、最初は人に溶け込めなくて
 シナモンに助けられてばかりだったし。
 ……人も、アルマも、神魔も、そこは
 多分、変わらないんじゃないかって。

ワルキューレ&シナモン・アルマと会話 [edit]

ヤタガラス&サイクロプス・アルマと会話 [edit]

リヴァイアサン&クリムゾンバウ・アルマと会話 [edit]

イシス&バルーンピッグー・アルマと会話 [edit]

イザナミ&フォックストロットB3・アルマと会話 [edit]

ケルベロス&ポイズンジェル・アルマと会話 [edit]

バフォメット&スペルキャスター・アルマと会話 [edit]

カグヤ&モックー・アルマと会話 [edit]

リリム&ワイルドドラゴ・アルマと会話 [edit]

麒麟&ゴーチン・アルマと会話 [edit]

バハムート&コッコー・アルマと会話 [edit]


Last-modified: 2017-09-05 (火) 22:56:43